Amazonプライム特典

【関西電力と大阪ガス】まとめるならどっちが得で安い?比較結果は意外だった

ご注意

昨今の「発電燃料となる天然ガス不足」の影響で電力卸売市場の価格高騰が止まらない中、割安な電気料金単価を維持できなくなった新電力会社が事業撤退を余儀なくされています。

お得な料金プランで人気だった「エルピオでんき」もまさかの事業撤退を決断されました。この度の教訓として、新電力会社は安いだけで選んではいけないことが分かりました。

皆様におかれましても、安さだけでなく「経営母体がしっかりした会社」を冷静に見極め、自己責任で行動いただくようお願い申し上げます

電気とガス料金を改善したい人「関西電力でも大阪ガスでも『電気とガス』を扱ってるけど、まとめるならどっちが得なの?せっかくなのでお得に契約したいなぁ。詳しい方の意見が聞きたいです。」

今回、こういった疑問にお答えします。

本記事の結論

・関西電力でまとめる方が安い!でも、最安ではない。

電力は2016年4月、都市ガスは2017年4月より自由化が開始され、現在、関西電力でもガスを扱い、大阪ガスでも電気を扱ってます。僕も正直、1社に絞ってまとめるメリットってあるの?と思っていましたが、まとめた方が「料金が安く」なることはまぎれもない事実。

にいに

言いたい事はわかるけど、なんか面倒くさいなぁ・・・

昔の僕のように「めんどくせー」って言うだけで検討しない人が結構いるけど、ハッキリ言っちゃうと「お金がもったいない状態」ですよ。
だって、食べ物だったら「美味しいから高くてもOK」はありだけど、無味無臭の電気やガスって「〇〇だから高くてもOK」ってないでしょ。

そう言われるとたしかに納得だわ

ねえね

そんなわけで、電気やガスについて詳しくない人にも最小限の専門用語だけで分かりやすく解説します。

本記事が電気・ガスの見直しで節約のキッカケになれば幸いです。

筆者紹介
本記事を書いている僕は節約大好きな2児のサラリーマンパパ。ネットを駆使した日常の生活の中であらゆる節約を実践中。とはいえ、僕の節約術は「生活レベルを落とさない!」をモットーにしています。

ワンポイント

関西電力では、電気の料金プラン「従量電灯A」が一般家庭向けですが、東京電力や中部電力では「従量電灯B」が一般家庭向けです。引っ越しなどで勘違いしちゃいそうだから統一してほしかったなぁ。

関係ないと思っていませんか?
知らない人が結構いるけど、プロパンガス(LPガス)も料金自由化となっているのに、いまだに昔ながらの高額料金を支払っている方が多いのが現状。10万件以上の実績がある【ガス屋の窓口】で料金がどれだけ安くなるかチェックしてみましょう。

まとめるなら関西電力と大阪ガスどっちが得か比較してみた

電気やガスって、その家に住んでいる人数によって使用量にかなり差が出ますが、ひとり暮らしの方や5人ファミリーの平均をとって、3人住まい家族を想定して比較してみます。

比較条件(関西エリア 3人住まい家族)

  • 月間の電気使用量 350kWh(40A契約)
  • 月間のガス使用量 31

よって、年間では12倍なので以下の使用量とします。

  • 年間の電気使用量 4200kWh(40A契約)
  • 年間のガス使用量 372

にいに

この数値の根拠はあるのか

我が家は4人で月間「電気400~600kWh(50A契約)」「ガス40㎥」ぐらいが平均なので、いい感じではないでしょうか。

料金算出方法

紹介する料金は、関西電力・大阪ガス、それぞれの公式サイトのシミレーションにて計算しています。

計算間違いがないってわけね

ねえね

とは言え、どの電力会社・ガス会社も基本的に以下の公式に基づいて計算されており、これに独自の割引などをしています。

電気料金 = 基本料金 + 従量料金単価 × 電気使用量(※1)

ガス料金 = 基本料金 + 従量料金単価 × ガス使用量

(※1)電気料金ですが、実際はさらに「燃料費調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が付加された金額が請求されます。特に「燃料費調整額」は火力発電に用いる燃料の価格変動が毎月の電気料金に反映されるもので、必ず足されるわけではなく引かれることもあることを覚えておきましょう。

では、それぞれの会社でまとめた結果を解説しますね。

補足説明

それぞれの会社のシミュレーションでは、年間の電気使用量4200kWh、ガス使用量372㎥にピッタリ合わせることができませんでした。とは言え、月々の使用量を全く同じ数値でシミュレーションしましたので比較としては十分成立します。

関西電力でまとめる

関西電力ですが電気とガスをまとめると、毎月ガス料金から3%割引されます。また電気も「なっトクでんき」プランで割引されます。

関西電力でまとめた場合のbefore after

 beforeafter
年間(4202kWh) 電気料金102,658円98,006円
年間(374㎥) ガス料金70,155円62,896円
合計172,813円160,902円

関西電力のシミュレーションはこちら

セット割引の効果もあって、まとめる前の料金より年11911円の節約効果となります。

にいに

おー!1万円以上安くなったね~

これぞ、まとめて契約したときのセット割引の効果です。ねっ、だからまとめずにそれぞれ契約している人は損なんですよ。

大阪ガスでまとめる

では大阪ガスでのシミュレーション結果です。こちらもまとめることで電気・ガス共に割引が適用されます。

大阪ガスでまとめた場合のbefore after

 beforeafter
年間(4202kWh) 電気料金125,299円121,447円
年間(374㎥) ガス料金73,452円69,933円
合計198,751円191,380円

大阪ガスのシミュレーションはこちら

まとめる前の料金より年7371円安くなりましたが関西電力ほどではない結果となりました。特にガス代の割引が関西電力より結構少ないのが原因です。

にいに

ガスのプロである大阪ガスの方がガス代を安くできそうなのに不思議な現象だね!

電気・ガスの自由化では、よくある現象です♬

結論ですが

  • まとめるなら大阪ガスより関西電力の方が安くてお得

とはいえ、この結果で満足してはいけません!じつは近年、電力の自由化により多くの新電力会社が注目されています。

もしかして、もっと安くできるのかしら

ねえね

その答えは次の章で解説します。

【意外】電気とガスは1社にまとめる方法だけがお得ではなかった

結論的なことを先に言っちゃいますね。

関西電力と大阪ガス、まとめるとどっちが得かなんて正直、気になりません!

にいに

いったいどういう事だ?

電気の自由化って、たくさんの新電力会社が参入してきてて、価格競争にしのぎを削っています。

なんだか、まるで格安SIMの世界みたいね

ねえね

その通りで安さを追求するあまり、「従量料金は高めだけど基本料金を0円にしてトータル料金を安くするプラン」の企業も増えてきました。

そんな中、ひときわ目立つ会社があります。

それが「エルピオでんき」です。

大事なお知らせ

当ブログでおすすめしておりました新電力会社のひとつ「エルピオでんき」は残念ながら事業撤退されました。また、他の会社も新規受付停止価格改定を余儀なくされています。

0円でんき → 価格改定
リミックスでんき → 新規受付停止
まちエネ → 新規受付停止
Looopでんき → 新規受付停止
親指でんき → 新規受付停止
エルピオでんき → 事業撤退
ONEでんき → 価格改定
ならでん → 新規受付停止

僕は格安SIMなども分析して節約することが大好きで自分自身が有益と思ったことを紹介しておりますが、昨今の新電力会社選びについて個人での判断は限界を感じております。

そんな中、大手企業が運営する比較サイト「エネチェンジ」が人気です。

エネチェンジは簡単におすすめの電力会社を調べることができる便利なサイトで利用はもちろん無料。切り替え手続きも簡単で、キャンペーンなどお得な情報もゲットできるので要チェックですよ。

ちなみに現在、3人世帯規模の上位4社は以下のとおり。エネチェンジでチェックしてみて。

  • TERASELでんき・・・伊藤忠グループ会社が運営
  • オクトパスエナジー・・・東京ガスとの合弁会社
  • idemitsuでんき・・・出光興産株式会社が運営
  • シナネンあかりの森でんき・・・創業95年のシナネンが運営

電気とガスを1社にまとめなくても安くなる方法とは

1社にまとめるより、電気を「エルピオでんき」に選ぶだけでグッと安くなり節約効果が高い。

理由は簡単で、従量料金単価が圧倒的に安いから。

にいに

そんなに安いのか?

まずは350kWh(40A契約)における、関西電力との基本料金と従量料金単価を比較してみましょう。

 基本料金(最低料金)従量料金単価
関西電力(従量電灯A)341.01円28.70円 ※
エルピオでんき(使った分だけ Sプラン)0円22.2

※正確には「15kWhをこえ120kWhまでが20.31円」「120kWhをこえ300kWhまでが25.71」「300kWh超過分が28.70円」

従量料金単価がめっちゃ安いでしょ!

例えば我が家(4人家族 4LDK)の昨年12か月分(合計使用量6550kWh)をシミュレーションしてみました。

ちょっと使い過ぎだよね。全部屋にコタツ置くからよ!

ねえね

メニュー年間の料金
関西電力(従量電灯A)169,875円
エルピオでんき145,403円

「エルピオでんき」はまとめる前の「関西電力」より年間24,472円も電気だけで安い計算になったんです!

だから、ガスは今のままでも電気を「エルピオでんき」に変えるだけで十分お得になっちゃう♬地元の豊かな生活のために頑張っている企業って嬉しいよね。

詳細はこちら≫エルピオでんき

気付いてますか?

まさかとは思うけど、DoCoMoユーザーなのに手当たり次第に新電力会社を探してませんか?

ahamoユーザーも含め、まずチェックすべきは「ドコモでんき」ですよ。

ドコモでんきはdポイント還元での実質値引きだけど、通信費の支払いなど使い道は沢山あるので問題なし。通信費も節約したくて「ahamo」を検討している人にもおすすめの電力会社だよね。

まとめ.電気とガスの自由化でお得に節約しよう

今回、電気やガスの見直しで節約する方法を紹介しました。

まとめるもよし、新電力会社に乗り換えるもよし、そのままよりはムダなお金を使わなくて済みます。

また、エンジニアの意地にかけてプログラミングの知識も使いつつ、たくさんの新電力会社の資料をかき集め、膨大なデータ量を解析してみました。ほんの一部ですがその時の画面です。

電気・ガスの自由化で、新電力会社に変更するだけで節約できることが理解できたでしょうか。

にいに

ところで、どうやって電気・ガスの会社を切り替えればいいの?

答えは、新しい会社に申し込むだけ。自動的に古い会社とは解約になります。

乗り換えってそんなにお手軽なのね♬

ねえね

お互い、生活レベルを落とさずに楽しく節約していきましょう。
じゃあ、またね。