話題の楽天モバイル「UN-LIMIT」1年間無料キャンペーンはこちらで詳しく解説♬

【最新】通信費の最強節約術を発見!スマホ・パソコンでインターネットやりたい放題!一人暮らし必見プラン♬

 

 

生活するための出費の中で、近年大きな負担である通信費。

こんな状況が当てはまりませんか?

  • 外ではスマホでネットやオンラインゲームがしたい
  • 自宅ではパソコンで動画配信サービスを観たい
  • 自宅ではPS4やSwitchでオンラインゲームがしたい

 

こんな方に朗報な最強節約術、すなわち、格安で通信費をおさえる運用方法の紹介です。

 

しかも、こんなワガママ条件をクリアしています。

  • データは使いたい放題がいい!
  • 通話もかけ放題がいい!
  • 外でも自宅でも自由に使いたい!
  • できれば月3000円以下がいい!

にいに

無茶な条件だな~そんなのムリだよ~
それがあるのよ!ピッタリのプランだよ♬

ねえね

 

結論を先に言うと、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT(アンリミット)』です。

僕が先日契約した『Rakuten UN-LIMIT』が、あらゆる条件を満たすパーフェクトなSIMプランであることが分かりました。

特に一人暮らしで「ゲーム好き」「動画好き」ならピッタリのプランです。

 

インターネット・通信費の見直しだけで節約はどこまでいける?まずは従来方法の通信費を計算

通常、家でも外でもインターネットを快適にするには以下の環境が必要。

  • 自宅にWifi環境を構築
  • スマホで使用条件を満たすプラン

 

自宅にWifi環境を構築

通信状態が一番安定していて安心なのは、有線でひかり回線を導入。

たとえば、「auひかり」なら月額4300円。※集合住宅の場合

これで、パソコンやPS4・Switchなどのゲーム機もネットやりたい放題。

もちろん、スマホもWi-Fi接続でOK!

 

スマホで使用条件を満たすプラン

格安SIMの利用で、使用条件にあったプランで最小限のコストにする。

たとえば、au回線の格安SIM会社「UQモバイル」なら月額1980円。

にいに

UQモバイルはauとグループ会社なので通信品質は格安SIMでもトップレベルだよ

データ容量は3GB/月まで使えて、使えなかったデータは翌月に繰り越しされるのでムダがない。

ただし、このままでは電話番号での通話は20/30秒かかるので、かえってコストが上がります。

そんなときは、オプションで700円/月追加して、国内通話10分のかけ放題をつければ安心よ♬

ねえね

無料通話アプリのLINEなどと併用して使用すれば、使い方次第で追加料金なく運用できます。

したがって、スマホの通信費は2680円となります。

※2台目以降のご家族は-500円割引されます。

 

すべての通信費はいくら?

自宅が4300円/月(集合住宅・マンションの場合)

スマホが2680円/月

よって、合計6980円/月

月額約7000円の通信費となり、年間約84000円のコストが掛かります

 

一人暮らしなら、最新は『Rakuten UN-LIMIT』で使用条件アップなのに通信費が大幅に節約できる

では、最新の通信環境のご紹介。

僕が先日契約した『Rakuten UN-LIMIT』ですが、月額2980円で以下の条件となります。

  • 楽天回線エリアならデータ使いたい放題
  • パートナー回線エリアでも5GB/月の大容量
  • 専用アプリなら、国内通話かけ放題
  • 海外で2GB/月データ通信可能

しかも、驚きなのがこのキャンペーン、

  • 先着300万名、一年プラン料金無料キャンペーン

1年間通信費が無料なので、2980円×12ヶ月=35760円がお得に。

って言うことは35760円までのスマホ本体なら実質無料でスマホが手に入るわけです。

 

ポイント

注目は「データ使いたい放題」と「国内通話かけ放題」です。

要するに、スマホのテザリング機能でWi-Fiを環境を作れるので、自宅でPCやゲームをやりたい放題。

通話に関しても国内ならかけ放題なので、長電話でのコストアップは発生しないわけです。

 

つまり、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT』だけで、自宅でも外でも「データ使いたい放題」のインターネット環境がゲットできちゃう♬

 

上記の自宅「ひかり回線」+外「格安SIM」との比較です。

  自宅「ひかり回線」+外「格安SIM」 自宅も外も『Rakuten UN-LIMIT』
自宅でのデータ使いたい放題
通話かけ放題 △ 10分/回まで
月額料金 6980円 2980円

よって、差分の月額4000円が節約できます。年間で48000円の節約です!

 

ただし、1点、注意することがあります。

UN-LIMITの注意点

・自宅が楽天回線エリアであること

楽天回線エリアでないと、データ使いたい放題にはなりません。

まだ、割と都会寄りでないとエリア対応していないのが現状です。

自宅でパソコンやゲーム機など、動画配信サービスやオンラインゲームが楽天回線エリアでないと思う存分できない訳です。

にいに

ってことは、楽天回線エリア外はどうなるの?

ちなみに楽天回線エリア外は、パートナー回線エリアとしてau回線が対応しており5GB/月なので、スマホの使用はヘビーユーザーでない限り問題ありません。

じゃあ、自宅が楽天回線エリアかどうかは大事なのでチェックしましょう

ねえね

楽天回線エリアをチェック

 

家族4人なら、どの方法が便利性がよく、最大の節約になるか考察

家族の場合、常に自宅はWi-Fi環境がないと、便利性がよくありません。

よって、ひかりの有線回線でWifi 環境構築が必須と考えます。

しかし、スマホのプランは家族なら「IIJmio」がオススメです。

にいに

「IIJmio」にはファミリーシェアプランがあるよ

5760円/月の12GBプランを4人(実質3GB/人)で使うと、一人月額1440円です。

ただし、国内通話10分のかけ放題はオプションで830円かかります。子供は、無料通話アプリのLINEしか使わない可能性が高いので、必要な人だけに限定しましよう。

比較します。

auひかり+「UQモバイル」 auひかり+「IIJmio」
auひかり「集合住宅の場合」 4300円 4300円
スマホ1人目 1980円(3GBプラン) 5760円(12GBプラン)
スマホ2人目以降(3人分) 1480円×3人 ↑ シェア
合計 10720 10060

差額が月額660円なので、年間7920円お得になります。

節約家には嬉しいプランですね。

IIJmioには、もうひとつお得な情報があります。

それは「100円」スマホキャンペーンよ

ねえね

一括支払いでスマホ本体が100円ですよ!しかも今なら僕も使っている「Huawei nova lite 3」が対象です。信じられません。

以前「【比較レビュー】HUAWEI nova lite 3は後悔する?iPhone7も使ってる僕が解説!」で魅力を解説していますので、よろしければご覧ください。

 

まとめ.「一人暮らし」で「自宅が楽天回線エリア」なら、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT』が最強

楽天モバイルは、今年2020年4月にドコモ・au・ソフトバンクに続き、第4のキャリアとなりました。

まだ開始したばかりなので楽天回線エリアも限定的ですが、この金額で「データ使いたい放題」は業界に激震が起こっています。

しかも、先着300万名は1年間無料の出血大サービスキャンペーン実施中です。

申し込みもすごく簡単でその模様を「楽天モバイル評判ってどうなの?僕がUN-LIMITに申し込みして確かめてやる!」で紹介しました。

一人暮らしで、自宅でもインターネットを駆使した趣味があるなら、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT』は選択しとしてはトップレベルと考えますが、いかがでしょうか。

今回の紹介がお役に立てたのなら幸いです。

では、たのしい、インターネットライフをぜひ!またねー