Amazonプライム特典

UQモバイルの魅力を『一度解約してまた入り直した僕』が解説!【Yモバイルとの比較あり】

 

大変だ~!!これは格安SIM界に大事件が起きたー!

にいに

なんか騒がしいな~!どうせ、大したことじゃないだろ
これが、そうでもないみたいよ

ねえね

僕は本気で節約するために格安SIMを使い始めて10年。久々に興奮してます!

先日、国の通信料値下げ要請でドコモが20GB/月2980円の大容量プラン「ahamo(アハモ)」を発表し全国に衝撃が走りました。

多くの方が「アハモ」で決まりって声を大にして言い出しましたが、冷静に考えて。

あらゆる格安SIMメーカーを使ってきた僕からお伝えしたいことがあります。

 

だれ向けにお伝えしたいか?

僕のように月3GBも使わないライトユーザーで節約したい人。

にいに

誰でもいいってわけじゃないのかー

通信費の節約に興味のない人は、すいません。

これ以上読む価値はありません。

 

節約と言っても安ければいいってわけじゃない

ほとんどの格安SIMメーカーは大手キャリアメーカー「ドコモ・au・ソフトバンク」に比べ通信品質がイマイチで、特に通信が混み合う時間帯はサクサクとインターネットが出来ないことはよくある話。

イライラするけど格安SIMだから仕方がないよ

ねえね

でも僕の節約方法は通信品質に妥協はしません。スマホは使いたい時に繋がってこそスマホだからです。

通信が遅くても安い方がいいって人は、すいません。

やはり、これ以上読む価値はありません。

 

10年の研究で僕が出した結論

格安SIM会社を転々とすることでついに、キャリアメーカーと遜色のない格安SIMを発見。

にいに

ホントかなぁ~、格安SIMは電波を借りてる身だから遅いって聞いたことがあるぞ

まずは論より証拠。実際の通信速度はこれ。

上記のとおりで僕の自宅のWi-Fiより速い結果です。

これが、真の格安SIMの実力です。

 

答えは「UQモバイル

UQモバイルなら、通信は高品質のままに携帯代を安くできる格安SIMなのです。

格安SIMなのに、どうしてそんなことが可能なの?

ねえね

高品質の理由は、UQモバイルがauのサブブランドだから。要するに同じ会社が経営してるってこと。

 

さて、ここからが本題です

僕が絶対的な信頼を寄せている「UQモバイル」が2021年2月1日より開始の「値下げプラン」を出しました。

このプランが格安SIM界を大きく揺るがすほどのインパクトなのです。

これから詳しく深掘りして説明しますが、本記事はスマホや格安SIMにくわしくない人にも出来るだけ分かりやすく解説するよう心がけています。

本記事が節約の手助けになれば幸いです。

筆者紹介

この記事を書いている僕はエンジニアで、格安SIM歴は約10年。
いままで家族や親戚にいたるまで15台以上のiPhoneやAndroidスマホに、UQモバイルなどの格安SIMをセットアップしてきました。だから格安SIMの知識にはちょっと自信があります。

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」が安すぎ!【Yモバイルとの比較あり】

UQモバイルが出した新プランとは、その名も「くりこしプラン」と言います。

にいに

このプランの何がそんなにスゴイの?

「くりこしプラン」が衝撃的である理由ですが、その前に値下げのキッカケとなった、大手キャリアメーカーの新プランを簡単に説明します。

大手キャリアメーカーの新プランとは

ドコモ・ソフトバンク・auが出した新プランを一覧表にまとめましたので、まずはご覧ください。

大手キャリア新プラン一覧

ドコモ

ahamo(アハモ)

ソフトバンク

LINEMO

au

povo(ポヴォ)

月額料金(税抜) 2700円 2480円 2480円
データ容量 20GB
定額通話時間 5分までなら何度でも 別オプション(5分以内が550円)

※ahamoは2980円より2700円に料金を値下げ。

 

3社ともに、20GB/月の大容量プランでヘビーユーザー向けです

サービス内容はどうなのかな

ねえね

「ahamo」は、月額2700円(税抜)で定額通話時間5分が付いている。
「povo」「LINEMO」は定額通話時間を別オプションにして2480円(税抜)。電話を掛けない人にとっては節約になるので嬉しい選択肢です。

とは言え、僕のようなライトユーザーにはどれも高すぎます。

UQモバイル新プラン「くりこしプラン」とは

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」には「S」「M」「L」の3つのプランがあります。違いは以下の通り。

くりこしプラン一覧

プラン

「S」

プラン

「M」

プラン

「L」

月額料金(税抜) 1480円 2480円 3480円
データ容量 3GB 15GB 25GB
データ超過時(節約モード時)の最大通信速度 300kbps 1Mbps
定額通話時間 別オプション

 

一番注目すべきは「S」プランです。

データ容量は3GBですが、料金はahamoの半額近いです。税込みで計算してみるとahamoより年間約1万4千円も節約できるわけです。

そして、スゴイのがプラン名の通り、「余ったデータを翌月に繰り越し」できること。だから3GB以内の人は、少しづつ溜まっていき倍の6GB程を持つことが可能となります。

にいに

捨てるはずのデータを繰り越すって嬉しいね

また、積極的に繰り越しできる技としてUQモバイルには「節約モード」があり、専用アプリで「節約モード」に切り替えると通信速度は300kbpsに落ちるけどデータ使用量はカウントされない。この300kbpsが割と優秀で、僕の場合、Amazon Musicを流せるレベル。

節約モードなら実質使いたい放題だね♬

ねえね

僕は普段から節約モードとデータ繰り越しで貯めつつ、いざって時にガッツリ使えるよう備えています。

 

もし、定額通話が欲しい人は以下の3種類から通話オプションを選べます。

くりこしプランの通話オプション一覧

たまに長電話する人向け

通話パック

短時間の電話が多い人向け

かけ放題(10分)

めっちゃ電話する人向け

かけ放題(24時間)

オプション料金(税抜) 500円 700円 1700円
通話時間の内容 60分/月 かけ放題(10分/回) かけ放題(24時間いつでも)

「通話パック」や「かけ放題(10分)」なら、「S」プランに追加してもまだahamoより十分安いです。って言うか700円で10分ってのが地味にありがたい。僕はahamoのように5分までかけ放題の経験があるけど、5分ってすぐに経過するから使いにくかった。また、通話パック500円で60分/月も他の格安SIMではほぼ無いほど安い!

よって、データ通信が3GB以内の人は、「UQモバイル」で高品質通信のまま大きく通信費を節約できるのです。

UQモバイルが最強になった理由とは【Yモバイルとの比較で分かる】

カンのいい人なら、UQモバイルが最強の理由が分かってきたのではないだろうか。

にいに

UQモバイルがスゴイのは分かったけど、最強は言い過ぎでは?

UQモバイルが最強の理由のひとつは、「データ繰り越し」と「節約モード」があるから。格安SIMとして最大のライバルである、ソフトバンクのサブブランド「Yモバイル」もこれらの機能がない。

価格はどうなの?やっぱり最強は大げさでは?

ねえね

そして、くりこしプラン「S」の1480円が他の格安メーカーにとどめを刺し、さらに最強の称号を手に入れてしまったのです。

まずは、ライバル「Yモバイル」との比較。Yモバイルも新プラン「シンプル」を先日発表。その後さらにUQモバイルに対応するために改正。その内容がこちら。

Yモバイルのシンプルプラン一覧

プラン

「S」

プラン

「M」

プラン

「L」

月額料金(税抜) 1980円(2台目以降1480⇒900円) 2980円(2台目以降2480⇒1900円) 3780円(2台目以降3280⇒2700円)
データ容量 3GB 10⇒15GB 20⇒25GB
データ超過時(節約モード時)の最大通信速度 300kbps 1Mbps
定額通話時間 別オプション

データ容量はUQモバイルと同じになりました。例えば「S」ですが2台契約の場合、平均すると1台当たり1440円なのでUQモバイルより40円安い。

にいに

家族で2台持つならUQモバイルとほぼ同じってことか

今回のUQモバイル「くりこしプラン S」では1台目から1480円なので、独り身であっても安く利用できる。もう一度言いますね。

1人でもずーっと、1480円/月なんですよ♬

分かったわよ。じゃあ、他の格安SIMメーカー(MVNO)はどうなの?

ねえね

もちろん価格だけ見ればもっと安いメーカーはあるけど、UQモバイルはこの価格でau回線の高品質通信が手に入るから、コスパが最高なんです!
UQモバイルの公式サイトはこちら
Yモバイルの公式サイトもチェック

契約解除料なし!だからリスクはゼロです

そして、UQモバイル「くりこしプラン」は契約解除料なしです!

にいに

それって、どう言う意味なの?

ようするに、例えば2年以内に解約すると「契約解除料」を払わなければいけないと言った制度がないってこと。

じゃあ、最低契約期間みたいなのが無いわけね

ねえね

もし気に入らなかったら「契約解除料」なしで、いつでもやめることができる。だから、限りなくリスクがありません。

これなら、他社からの乗り換えの方も安心だね。

現UQモバイル&auユーザーへ朗報♬移行や変更の違約金・手数料なし!

僕と同じようにUQモバイルへすでに加入済みの人、安心してください。旧プランから違約金なしで「くりこしプラン」へ変更が可能となります。

にいに

同じUQモバイルなんだから、このぐらいは当然だろ

さらに驚きなのがauユーザーもUQモバイルへ移行する際、契約解除料9000円・MNP転出手数料3000円・事務手数料3000円のすべてを無料にすると発表されました。

ちょっと本気度を感じるわね

ねえね

auもUQモバイルもユーザーを大切にしているメーカーでした♬

60歳以上はもっとお得に!

上記のように高品質通信なのにコスパ最高なUQモバイルですが、さらにお得に利用できる人がいます。

それは、60歳以上の方!

なぜかと言うと24時間かけ放題オプション1700円(税抜)がなんと1000円引き。

つまり「くりこしプランS」なら、たった2180円(税抜)で24時間かけ放題スマホになっちゃいます♬激安だよー

UQモバイルの唯一のデメリットとは

今回の新プランで始まった事じゃないけど、デメリットとしてUQモバイルは、直近3日間に6GB以上を使うと通信速度が翌日にかけて制限が掛かる。

にいに

それってなかなかのデメリットだよね

たまにとは言え、たった3日で6GBも使う人はヘビーユーザーだから「UQモバイル」を選ばず、「ahamo」など大手キャリアの新プランにした方がよい。

まあ、大半の人は3日で6GBも使わないわよ

ねえね

その根拠として、MM総研の調べでは月額データ通信量の調査結果を以下のように発表しています。

 スマートフォン利用者の前月のデータ通信量について分析した結果、「わからない」と回答したユーザーを除いた平均データ通信量は6.94GB(ギガバイト)、中央値は3.00GBとなった。有効回答のみを対象とした場合、月間通信量は「1GB」29%、「2GB」16.7%、「3GB」13.4%となり、59.2%のユーザーが3GB以下の通信量となった。なお、「7GB」までの累計では約79.2%を占めた。

引用元:MM総研

つまり、3日間どころか月に3GB以下の人は約60%もいるのです。ってことは、3GB/月も使わないのに高額の大容量や中容量プランに入って、無駄なお金を払ってる人も結構多いのです。もったいないでしょ。

まとめ.快適な節約生活をしたいならUQモバイル

いかがでしたでしょうか。

少しでもUQモバイルの新プラン「くりこしプラン」の魅力が伝わったのなら幸いです。

そして、見逃してはいけないのは「人気のiPhoneもめっちゃ安い」こと。各モデルを比較してみるとこんな感じ。

機種 Appleストア UQモバイル 差額
iPhone 11 71280 49680 21600
iPhone SE 49280 35640 13640

じつは、UQモバイルに乗り換える一番お得なタイミングはiPhoneを買い替えたくなったときで、節約効果が一番高い!

 

もし今まで一度も格安SIMへの乗り換えをやったことが無いって方は、こちらの記事「iPhoneにおすすめの格安SIMと乗り換える全手順を紹介|注意点も分かりやすく解説」で全体の手順を把握しておくことをおすすめします。意外と簡単ですよ。
iPhoneにおすすめの格安SIMと乗り換える全手順を紹介|注意点も分かりやすく解説

 

最後にUQモバイルの魅力を一言でお伝えすると・・・

僕のようなライトユーザーにとって「UQモバイル」は「生活レベルを変えずにグッと節約できる快適な格安SIM」ってことです。

あなたもワンランク上の快適な節約生活をしてみませんか。

ポイント

知らない人が結構いるけど、契約するサイトページによって実は損しちゃう話。

UQモバイルは以下のサイトで最大10000円のキャッシュバックがもらえる。

UQモバイル公式サイトをチェック

Yモバイルはヤフー店で契約するとPayPayボーナスがお得にゲットできる。

Yモバイル ヤフー店をチェック

どちらも公式サイトなのにホントの話。知っている人だけが得する裏技情報でしたー🤩