Amazon7000万曲無料お試し♬ ≫

【レビュー】評判が悪い?楽天アンリミットを実際に使った僕の正直な感想!

 

もしかして、楽天モバイルについて、このように思ってませんか?

  • 楽天アンリミット(rakuten un-limit)ってどんなプラン?
  • まさかのプラン料金を1年無料って言ってるけど、評判は実際どうなの?
  • あまりスマホやSIMのこと詳しくないけど、契約は簡単にできるの?
  • でもやっぱり速度とか実際のレビューや感想が知りたい

今回、この疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、約10年前から格安SIMのすばらしさに気付き、節約を求めて数々の携帯SIM会社を経験してきました。

そんな僕が、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」を軽視できない訳なんです。

サービス内容にも驚きですが、超ミニスマホ端末「Rakuten Mini」も気になります。コンパクト性はiPhoneSE以上かも♬

2020年4月、4社目のキャリアメーカーとなった楽天モバイルが新プラン「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」を開始し、モバイル業界に旋風を巻き起こしています。
※現在は料金そのままで「Rakuten UN-LIMIT V」にプラン名が変わり5Gにも対応。

SIMマニアの僕はガマン出来ずにいち早く契約。すでに半年以上が経過したので「楽天アンリミットは実際どうなのか?」を詳しくお伝えしたいと思います。

結論を先に言っちゃうと少なくとも1年はどのメーカーよりも最強のプランです!

ちなみに「アンリミテッド(unlimited)」と言ってる方がいますが、「アンリミット(UNLIMIT)」が正解です。

 

この記事でわかること

  • 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」のくわしい内容
  • 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」無料キャンペーンのこと
  • 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の申込み手順
  • 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の実際の速度や感想

スマホやSIMに詳しくない人にもできるだけ、わかりやすく説明しますね。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」ってどんなプラン?半年使った僕が分かりやすく解説!

まず楽天モバイルですが、「MVNO」から「MNO」に変わったのはご存知でしょうか?

にいに

分かりやすく言うと「格安SIM」から「キャリア」になった

キャリアとはドコモ・AU・ソフトバンクの大手通信会社のことで、4つ目の携帯キャリアに「楽天モバイル」が参入したことになります。
そして満を持して今年2020年4月8日から、新プラン「楽天アンリミット」の提供を開始しましたー。

まず、楽天モバイルの分かりやすいところは、他の大手キャリアや格安SIM会社と違って、プランが「楽天アンリミット」一つのみ

プランで迷う必要がないから、スマホに詳しくない私には嬉しいよ♬

ねえね

そして衝撃的なのは、料金とそのサービス内容。

まず、料金は月額2980円!

この価格だけ見ると、格安SIMよりあまり安く感じないが、サービスがスゴイ。

 

衝撃的サービス内容
  • 楽天回線エリアならデータ使いたい放題
  • パートナー回線(AU)エリアでも5GB/月の大容量
  • 専用アプリなら、国内通話かけ放題
  • 海外で2GB/月データ通信可能
  • 先着300万名、一年プラン料金無料!縛りなし解約料なし!
  • プラン名が「Rakuten UN-LIMIT V」に変わり5Gにも対応

では、ひとつずつ説明します。

楽天回線エリアならデータ使いたい放題

第4のキャリアである楽天回線エリアなら、データ使い放題!

楽天回線エリアは、まだまだ都市部近郊のみですが、2980円/月でデータ使い放題は業界に激震が走ってますね。

どんどんエリアが広がることを期待しちゃいますが、そんなに簡単ではないでしょう。

にいに

エリア拡大はゆっくり待ちましょう~

パートナー回線(AU)エリアでも5GB/月の大容量

都市部近郊でない地方はどうなるかってことですが、ご安心を。

パートナー回線エリアとしてカバーしています。

なんとパートナー回線エリアは、通信の粘り強さに定評のあるAU。

ヘビーユーザーでない限り、5GB/月と十分な容量です。スゴイ!

AU回線なら安心だね♬

ねえね

専用アプリなら、国内通話かけ放題

専用アプリ「Rakuten Link」を使えば、基本、スマホへも固定電話へもかけ放題。

専用アプリとは言え、2980円でかけ放題はスゴイです。

ビジネスや商売など、電話番号での通話が欠かせないユーザーには嬉しいサービスです。

にいに

これで10分や5分の無料時間制限を気にしなくてOKだぜ

海外で2GB/月データ通信可能

海外にたまに行く人は、、このサービスはかなりお得。

短期の海外出張で、ネットサーフィンやSNSぐらいなら、2GBは十分だよね。

いちいち、海外でプリペイドSIMを買う必要がなくなるから便利ではないでしょうか。

海外も対応とはスゴイわね~

ねえね

先着300万名、一年プラン料金無料!縛りなし解約料なし!

そして、最後に驚きなのが、先着300万名、一年無料です。

しかも、縛りなしの契約解除料なし。

だから、1年後解約すれば、1年間無料でSIMが使えることなる。

それだけ、通信サービス・通話サービスに自信があるのでしょう。

僕は満足できなければ、1年後遠慮なく解約しますよ。

にいに

気軽に解約できるのは嬉しいね

プラン名が「Rakuten UN-LIMIT V」に変わり5Gにも対応

2020年9月30日より、高速データ通信5Gに対応するため、プラン名が「Rakuten UN-LIMIT V」に変わりました。

なんと、契約中の方も料金そのままでプランが変更され5Gに対応。

他社との差別化、新会社としての強みを活かしてますね。

これにはドコモやau、ソフトバンクもきっと驚いたわね

ねえね

楽天アンリミットにiPhoneは使える?対応機種端末はしっかりチェックせよ

にいに

ところで、対応機種端末はたくさんあるのかなぁ?
そうそう、iPhoneって大丈夫なの?

ねえね

まずは、Android端末の対応機種チェックです。

申込み時に製品の選択で出てくる最新端末の他に、Rakuten UNLIMITサービスが始まる前に販売されていた以下の端末も対応との事。

楽天回線対応製品

Fujitsu Mobile Communications
arrows RX

HUAWEI
HUAWEI nova 5T
HUAWEI P30 lite※1,2
HUAWEI nova lite 3※1,2

OPPO
OPPO Reno A 128GB
OPPO A5 2020
Reno 10x Zoom
AX7
R17 Pro
Find X

SAMSUNG ELECTRONICS JAPAN
Galaxy A7
Galaxy S10
Galaxy Note10+

SHARP
AQUOS sense3 lite SH-RM12
AQUOS sense3 plus SH-RM11
AQUOS sense3 SH-M12
AQUOS sense3 plus SH-M11
AQUOS zero SH-M10
AQUOS R2 compact SH-M09
AQUOS sense2 SH-M08
AQUOS sense plus SH-M07
AQUOS R compact SH-M06
AQUOS sense lite SH-M05

Sony Mobile Communications
Xperia Ace

引用元:楽天モバイル公式サイト(2020年5月時点)

ちなみに僕は「HUAWEI nova lite 3」を持っているのでOK。

 

そして、iPhoneですが、楽天モバイルとしては「動作保証対象外」とのことです。

Appleと販売契約がまだ出来ていない可能性が考えられます。

とは言え、「ご利用はご自身の判断でお願いします」とのことなので、使える端末は実際にあると言うことですね。

楽天モバイルサイトのトップページでちょっと下にスクロールすると以下の画像があります。

ここから入りiPhoneをチェックしてみてください。iPhone XR移行の割と新しい端末でないと動作対応確認できていません。

対応していても、すべての機能ではないようなので注意が必要です。

楽天モバイルサイトのトップページへGO

業界最強の1年間料金無料キャンペーンは利用しなきゃ絶対損♬

先に結論的な話をしちゃうと、楽天アンリミット1年無料キャンペーンは利用しないと絶対損です!

せっかくなので、業界最強のキャンペーンを最大限に活かしましょう。

2980円 × 12ヶ月 = 35760円がお得になる。

考え方を変えると、35760円までの端末なら実質1年間無料だよね♬

例えばiPhoneを持っているなら、Rakuten Miniと2台持ちで楽しむのもありですね。

にいに

1年間は、無料お試しと思えばいいのさ!

僕が購入を後押ししたのが、パートナー回線エリアがAUであること。

AUは僕の中では、地方でも粘り強く高速通信してくれる回線だから。

気になる方は、先着300万名なので急いだほうがよいかも。

早い者勝ち♬欲しい人は急いでね~

ねえね

楽天モバイル UN-LIMIT 申し込み手順を分かりやすく解説

お申込みの手順を画像付きで説明します。

僕の場合は、新規のSIMのみ契約ですが、端末(スマホ本体)もほしい人、乗り換え(MNP)の人も参考になるよ。

にいに

え~ちちがスマホ本体をガマンしたぞ!
きっとハハの頭に角が見えたのよ

ねえね

まず事前準備として、あらかじめ本人確認書類を用意しておくとスムーズにいける。

このいづれかのみでOK。本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 療育手帳

 

上記をお持ちでない場合

  • 健康保険証 + 補助書類
  • 日本国パスポート + 補助書類
  • 住民基本台帳カード + 補助書類

 

補助書類

  • 公共料金の請求書・領収書(電気・都市ガス・水道いずれか)
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書

 

まず、以下より楽天モバイル公式サイトに入り、「新規/MNPのお申し込み」ボタンより進みます。

MNPがご希望の方へ

電話番号をそのままで乗り換えしたい場合は事前にMNP予約番号を取得する必要があります。取得方法を「【解決】MNP予約番号取得は怖くない!Webなら5分で完了!各社のポイントを解説」で詳しく紹介しましたので参考にしてください。

楽天モバイル公式サイト

手順1
プラン選択

プランは「UN-LIMIT」一つしかないので、この画面意味あるのかな(笑)

「プランを選択する」で進む

手順2
サービス内容のカスタマイズ

僕の場合は何も追加なし。

留守番電話や着信転送、割込電話/通話保留の機能が標準で含まれててウレシイ。

月額0円とあるが、合計3300円?あとで分かります。

手順3
サービス内容(下へスクロール)

SIMカードタイプとして「SIMカード」or「eSIM」で選択できる。

SIMカードは「nanoSIM」のみ。まあ、今のスマホはほとんどnanoSIMですね。

(追記)SIMが届いたら、「標準SIM」や「microSIM」の大きさでカットして使用できる構造でした♪

 

機械オンチでSIMの入れ替えがどうしても自信ない人は「eSIM」がおすすめ。

「eSIM」はスマホの中の回路に電話番号等の情報を入れる技術で、SIMを抜いたり差したりすることがありません。間違いなく将来主流になるでしょう。

 

あと、3300円の正体は契約事務手数料3000円+消費税でしたー。

まあこのぐらいは負担しましょ♬

手順4
製品選択

製品(スマホ本体)も欲しい人は選択してね。

僕は家族に白い目で見られるので、なにも選択せずに「この内容で申し込む」で進みました。

手順5
ログイン

楽天会員ログイン画面がでます。

僕は楽天会員なのでユーザID、パスワードでログイン。

会員でない方は、「新規登録(無料)」で進めばOK。

手順6
本人確認書類

本人確認書類をアップロード。

僕は運転免許証の表面と裏面の写真を読み込みで「次へ進む」。

手順7
電話番号の選択

電話番号の選択。乗り換えの人はMNPなので、MNP予約番号が必要です。

今回、僕は新規なので3つの番号から選択。

手順8
お届け先情報

楽天会員なので、住所は自動的に表示されてます。

お届け日時を指定、明後日到着とは早い!

さすが楽天ですね。

手順9
お申し込み内容の確認

しっかり値引きで「ー2980円」。なんと送料無料。

だから、かかる料金は契約事務手数料「3300円(税込)」のみ。すばらしい!

 

手順10
お申し込み内容の確認(下にスクロール)

契約者情報を確認し、最下部のメールが不要なら☑を外すこと。

問題なければ「次へ進む」。

手順11
お支払い方法

お支払い方法の選択

さすが楽天。楽天ポイントを持っている人は、ポイント利用でもOK。

それ以外はクレジットカード。

手順12
重要事項説明・利用規約を確認

読んで確認したら、「上記内容を確認し、同意しました」をチェック

手順13
重要事項説明・利用規約(続き)

もうひとつの画面も確認。「上記内容を確認し、同意しました」をチェック

手順14
完了

お疲れ様でしたー。

ぜひ、最後に表示されたWELCOME動画は観てほしい。ちょっとワクワクします。

上記の通り、申し込みは誰でも出来ると思いますよ♬

こんなにも簡単に1年無料の4G・5G対応SIMが手に入るなんで信じられません!

【レビュー】評判が悪い?楽天アンリミットを実際に使った僕の正直な感想!

僕の場合、楽天モバイル公式サイトで新プラン「UN-LIMIT」を契約して2日でSIMが届きました。

にいに

おっ、すげ~速達だね。今までのSIM会社より一番早いかも♬
ほんと、さすが楽天ね。配達はお手の物ってわけね♬

ねえね

早速、開通通信テストを実施。

HUAWEI nova lite 3」にSIMを入れ替えます。(SIMの入れ替えは電源OFFでやりましょう)

SIM入れ替えただけで、何の設定もなく動いてるよ。感動~💛

さて、落ち着て、しっかり比較評価します。

試したことは以下3つ。

①自宅のひかりWi-Fiで通信スピードテスト

②ドコモ回線の格安SIMで通信スピードテスト

③楽天モバイルUN-LIMITで通信スピードテスト

①自宅Wi-Fiでは約13Mbps。まあ、こんなところか。

②格安SIM(nuroモバイル)ドコモ回線は約7Mbps。思ったよりいいぞ!昔はもっとひどかったよ。

③楽天UN-LIMIT パートナー回線は約23Mbps。

爆速や~!

もう一回測定しても約17Mbps。十分満足です!

【結論】ホントにいいの?こんな高品質なSIMを1年無料で使ってホントにいいの?遠慮なく使わせていただきます♬

巷では悪い評判もあるようですが、半年以上使っての正直な感想としては、快適すぎて「おすすめ」以外の言葉が見つかりません!

もし本記事のレビューが楽天アンリミット検討の参考になったのなら幸いです。

じゃあ、またねー♬

最後までお読みいただきありがとうございました。