Amazonタイムセール祭り開催中♬9/19-9/21

【安い!高性能】144Hzのおすすめゲーミングモニター3選【コスパ重視ゲーマー向け】

 

現代、バトルロワイアルゲームやレーシングゲームなど、100分の1秒の遅れが命取りになるゲームが存在します。

どんなに動体視力や運動神経が良くてもリフレッシュレートの低いモニターなら負けは確定です。

にいに

どうして負けが確定なの?

なぜなら、モニターに表示される情報量が少ないから。

勝つためには沢山の情報量を表示可能な高リフレッシュレートのモニターが必須。

ん~その根拠はあるの?

ねえね

実際、プロゲーマーのほとんどの人がリフレッシュレート144Hz以上のモニターを使用しています。

マジでゲームしたいなら144Hzのゲーミングモニターがおすすめなのです。

 

本記事で分かること

  • 高リフレッシュレートの重要性
  • ゲーミングモニターの選び方のポイント
  • コスパ重視のおすすめゲーミングモニター

 

これからモニターを選定する方の参考になれば幸いです。

 

ご注意

本記事では初心者にも分かるように難しい用語は出来るだけ使わずに説明します。ベテランの方はやさしい目で見ていただけるようお願い申し上げます😄

リフレッシュレート144Hzの重要性を理解しよう

「高リフレッシュレート」=「高速表示」とザックリした理解の人も多いはず。

高リフレッシュレートの重要性をしっかり理解するために、もう少しだけ深掘りした説明をします。

にいに

初心者にも分かりやすくお願い!

リフレッシュレートとは、モニターが1秒間に何枚の画像を表示できるかを表すスペックです。

モニターに映るゲームの映像ってパラパラ漫画のように、連続で画像を切り替えることで動いているように見える。

そうすると、144Hzってどういう意味なの?

ねえね

リフレッシュレート144Hzは、1秒間に144枚の画像を表示できる。

要するに1秒間に60枚表示するリフレッシュレート60Hzより、144Hzの方が枚数が多い分、動画がなめらかに見えるわけ。

60Hzと144Hzの違いのイメージはこちら。

上記の通りで、車が画面の左から右へ移動した映像では、60Hzで表示される間隔に対し、144Hzでは間隔が狭く表示される量(情報量)が圧倒的に多いのです。

ゲーミングモニター購入で後悔しないポイントとは

ゲーミングモニターの選定はリフレッシュレートだけチェックすればいいわけではありません。

後悔しないために、他のポイントもチェックしましょう。

にいに

他のポイントって何?
  • 応答速度
  • モニターサイズ
  • 解像度

他に必ずチェックしておきたいポイントは上記の通り。

では、ひとつずつ説明します。

応答速度

高速表示に対応と言う意味では「応答速度」も軽視できません。

応答速度を簡単に説明すると「色の変化に要する時間」のこと。

にいに

どんなデメリットが考えられるの?

応答速度が遅いと残像が出やすくなります。

一般的にゲーミングモニターは応答速度1ms以下のものが良いとされるがリフレッシュレートとの両立は難しい。

じゃあ、どちらを優先したらいいの?

ねえね

とは言え、僕なら応答速度よりリフレッシュレートを重要視する。

なぜなら、表示回数(情報量)が少なかったら反応が遅くなり絶対にゲームで勝てないから。

要するにFPS系ゲームで銃の照準を素早く合わせる「エイム力」がどれだけあっても、表示回数が少なかったらその分、敵に気付くのが遅くなります。

もちろん、値段は高くなるかもですが「144Hz」且つ「1ms以下」がベストですね。

モニターサイズ

選ぶモニターサイズによって、ゲームのやりやすさが変わってきます。

だから、自分のやりたいゲームに合うサイズを真剣に考えるべきです。

にいに

どう言うことなの?

例えば、バトルロワイアル系の銃で敵を倒すゲームは、画面の隅の壁に隠れていた敵が突然出てきても反応して銃を撃たなければなりません。

要するに自分の視野に画面全体が入っていないと反応できない訳です。

だからFPS系のプロゲーマーは、割と小さい23インチのモニターサイズを使ったりします。

なるほどね♬じゃあ大きいサイズのモニターはどんなゲームに向てるの?

ねえね

例えばレーシングゲームなら大きいモニターがよいと考える。

なぜなら出来るだけ実車に近いリアル感を出したいから。

そのためには大きめのモニタで、実車のフロントガラスから見ているような没入感がほしいわけです。

解像度

解像度によって、格段に映像の「繊細さ」「美しさ」が変わります。

にいに

解像度って、そもそも何?

解像度とは、「ドット」と言われる集合体の量を表しています。

あまり解像度を気にせずにPCやテレビを使っている人も少なくないので、簡単ですが説明しておきます。

例えばFHD(フルHD)は、横に1920ドット、縦に1080ドット、並べて敷き詰めたパネルです。

ドットのイメージ

そして各解像度は以下の通り。

解像度 ドット数(横 × 縦)
FHD 1920×1080
WQHD 2560×1440
4K 3840×2160

とにかくきれいな映像が楽しみたい方には解像度の高い4Kがおすすめですが、値段も高くなるのがデメリットです。

【安い!高性能】コスパ最高の144Hzゲーミングモニター3選【サイズ別で紹介】

以上が最低限見るべきポイントですが、他にも見ておいた方がいい機能があります。

にいに

じゃあ、遠慮なく教えてちょーだい♬

「FreeSync」もしくは「G-SYNC」に対応しているか

PCやゲーム機側も対応している必要がありますが、同期することで映像の表示にズレがなくなります。

「ブルーライト軽減」など目にやさしい機能があるか

ゲームは長時間集中しがちです。だから目が疲れにくい機能は欲しいところ。目が疲れやすい僕にとって割と重要な機能です。

なるほど、両方とも大事ってことね!

ねえね

とは言え、全てにこだわると価格も上がりますので、自分にとって重要なものだけに絞ることも選ぶ時のコツですね。

 

それでは、144Hzのおすすめゲーミングモニターを紹介します。

紹介する3機種は「24インチ」「27インチ」「32インチ」より1機種ずつ。

選定基準は以下のとおり。

  • 販売実績&評価が高い
  • 「144Hz」&「1ms」両方に対応
  • スペックに対しコスパがよい

リフレッシュレートは144Hz、応答速度は出来れば1ms以下がよいと考える。

【24インチ】BenQ ゲーミングモニター ZOWIE XL2411P

BenQの解像度FHD、24インチのゲーミングモニターです。

リフレッシュレート144Hz、応答速度1msで機能は十分。

長時間ゲームする人にとって「フリッカーフリー」「ブルーライト軽減」機能で目にやさしいところが嬉しい。

価格も約2.5万円とコスパよし!

FPS系ゲームにピッタリではないでしょうか。

【27インチ】ASUSゲーミングモニター VG279Q

ASUSの解像度FHD、27インチのゲーミングモニターです。

リフレッシュレート144Hz、応答速度1ms、FreeSyncにも対応。

しかも視野角の広いIPS液晶が採用されているため、斜めから目ても美しい。

3年保証なのに価格は約3.6万円でリーズナブル。

複数人でゲームしたり、PCと兼用でも使いやすいモデルですよね。

【32インチ湾曲】ASUSゲーミングモニター VG32VQ

ASUSの解像度WQHD、正確には31.5インチ湾曲のゲーミングモニターです。

対応スペックはリフレッシュレート144Hz、応答速度1ms、FreeSync。

さらにHDR10に対応しており優れた発色と輝度でリアルで鮮やかな映像が楽しめる。

湾曲した大画面は、圧倒的な没入感が体験できるでしょう。

価格もこのサイズとスペックで約5.7万円とコストパフォーマンスは最高。

レーシングゲーム等にぜひ使いたいモニターですね。

まとめ.最高のモニターを手に入れてゲームを楽しもう

いかがでしたでしょうか。

144Hzのモニターの選び方が少しでも伝わったのなら幸いです。

もう一度、ポイントを整理します。

  • リフレッシュレートは144Hz
  • 応答速度は出来れば1ms以下
  • モニターサイズは目的で選ぶ
  • より綺麗な映像を求めるなら高解像度
  • 同期機能と目にやさしい機能はあったら嬉しい

何も知らずにモニターを買うと過去の僕のように後悔しますので、上記のポイントをしっかりと押さえつつ選定しましょう。

そのぐらいモニターの選定は大事なんです。

 

また、本当にプロゲーマーを目指すのであれば240Hzのモニターがおすすめです。

ちなみに240Hzの大人気モデルはこちら。

解像度はFHDですが、完璧な程のスペックです。

 

最後に、PCゲームやPS5等の高性能ゲーム機には144Hz以上のモニターをぜひ検討して、ゲーム本来の映像を楽しみましょう。

あなたにとって最高のモニターが見つかることを祈ってます。ではまたねー!