Amazonプライム特典

高性能ノートパソコンが安いおすすめメーカーはどこ?【結論】Lenovoなら納得!

 

初めてのノートパソコン選びでこんな風に思ってませんか?

  • 初めてのノートパソコンなので、どれだけ使うか分からないなぁ
  • だから出来るだけ安いメーカーの機種にしたいけど・・・
  • でも動作が遅くて結局使い物にならないものは買いたくないなぁ
  • 新品で安くて満足できる高性能な機種ってないかなぁ

 

今回、この疑問にお答えします。

 

この記事を書いている僕はエンジニアでPCでの仕事歴は25年以上。

プライベートでもPCが大好きで今まで何台も買い替えてきました。

過去にはつい安いPCに飛びついて失敗した経験も何度かあります。

 

人間にとって格安・激安って魅力でつい購入してしまいがちですが、ノートパソコンの場合は注意が必要です。

買ったばかりの頃はよくても使っているうちに動作が遅くなってしまうことは良くある話。

だからね、後悔しないためにも予算は10万円用意してください!

にいに

ちょっと待って!10万円はあまりにも高額では?

もし予算を10万円用意できる人はこの先を読み進める必要はありません。選択できるメーカー・機種もグッと増えます。以前書いた記事「ノートパソコンってどこのメーカーがいいの?初心者におすすめメーカーを9社に厳選!」を参考にしてみてください。

この記事にたどり着いた人は半分ぐらいの予算かなって思うけど

ねえね

本記事では、ノートパソコンの性能など知識がない初心者向けに「どこにも負けないぐらい安く、もっとも後悔する可能性が少ないメーカー&機種」をエンジニアの僕が本気で選定したので紹介します。

参考になれば幸いです。

ご注意

最近はコロナの影響や半導体不足などで、電子機器の価格が高くなってきましたね。選定した機種もいつまでこの低価格を維持できるか分からないなぁと思っています。
とはいえ、このメーカーはコスパの高いモデルが多数あるので要チェックですよ!最後まで読んでいただけると、僕が選定した理由がきっと理解できるはずです。

※以前まではメモリの最低条件を4GBとしていましたが、Windows11の普及やエンタメの進化がさらに加速することを予想し8GBへ上げました。

まずはメーカー選びが重要!高性能で安いノートパソコンでも無名なメーカーはやめましょう

ネットショッピングが当たり前の時代になり、無数の会社の製品を簡単に手に入れることが出来るようになりました。

にいに

素人が見てもどれがよいパソコンか判断できないよ

パソコンの世界も同様で大手Amazonを覗いても知らないメーカーの商品がたくさん出ています。そのようなメーカーは安さで勝負している傾向で結構売れている商品もあるようですがレビューを見ると不自然なところがあったり信頼性に欠ける。

やはり、いくら安くても無名なメーカーは避け、パソコン開発に情熱をもったメーカーを選ぶことが重要かと僕は思います。公式ホームページで消費者に対しPCの特徴やスペックなどをしっかりと公開していることは最低条件です。

そうね、ノートPCは決して安い買い物ではないので安心できるメーカーがいいね

ねえね

そして使い続けるにはモチベーションが大事で、「知らないメーカーのPCでモチベーション上がりますか?」って自分に問いかけてみてください。

答えは決まっているはずです。

高性能なノートパソコンの条件とは【結論】CPU・メモリ・ストレージが重要です

では、長く使用できる高性能なノートパソコンってどのようなものでしょうか。

僕が現代において「高性能として最低限求めるPCスペック」は以下となります。

  • 【OS】Windows10以上
  • 【CPU】インテル(Core i3以上) AMD(Ryzen 3以上)
  • 【メモリ】8GB以上
  • 【ストレージ】SSDの128GB以上
  • 【解像度】FHD(1920×1080)以上

にいに

意味がよく分からないけどスマホに似てる?

iPhoneなどのスマホと同じでサクサク動く条件としてCPU・メモリ・ストレージの内容が重要です。もちろんCPUは処理速度に大きく関係しますが、実はメモリもかなり重要。近年ストレージはHDDからSSDにほとんど移行され動作が速くなりましたが、容量不足で困ることがないよう注意すべきです。

パソコンに詳しい方が見たら「初心者にここまで高性能でなくてもいいのでは」と言われるぐらいのスペックのつもりです。

絶対に後悔して欲しくないってことね

ねえね

でも、このぐらい厳しい条件でないと安心して長く使えると言えないのではないでしょうか。

おサルさんでも分かるメモリの話し

パソコンってね、メモリという部屋の中でデータが超高速処理されるの。

同じデータ量(10)を処理する場合、小さい部屋では(2)しか入れないので、5回出入りが必要。

大きい部屋では(5)入れるから、2回の出入りで済むので効率よくデータ処理が出来る。だから高速でサクサク動けるって訳。

メモリについてはこんなイメージで理解すればOK!簡単でしょ♬

安い高性能ノートパソコンのおすすめ機種を紹介!【結論】1機種のみ

では、上述のメーカーやスペック条件をもとに選定した機種を紹介します。

結果、たった1機種のみでした。すいません。

にいに

え~!1機種だけ!?

しかし、基準としては予算5万円で「家族へ買ってあげる」つもりぐらいのガチな選定です。

だから、デザインや大きさにも拘りました。

ノートPCって大きさで迷うよね

ねえね

初めてのノートパソコンでは、13インチ以上をおすすめします。

11インチ以下になるとキーボードの配置が狭くタイピングがやりにくい場合がある事と、解像度をフルHDにすると文字が小さく目が疲れる可能性もあります。

持ち運びを頻繁にするなら13インチ、持ち運ばないなら15インチ、どっちか分からないなら14インチって感じでしょうか。

とは言え、僕の場合、なかなか決められない初心者にはオールマイティーに使える14インチをおすすめしています。

【Lenovo】IdeaPad Slim 550i【型番:82FE00YBJP】

 

【Lenovo】IdeaPad Slim 550i 製品番号: 82FE00YBJP
OS Windows 11 Home 64 bit
CPU インテル Core i3-1115G4 プロセッサー (3.00GHz up to 4.10 GHz)
メモリー 8 GB DDR4-3200 MHz (オンボード)
ストレージ 256GB SSD
モニター(解像度) 14.0インチ FHD(1920×1080)
価格(税込) ¥57,288 (2021年12月調べ)

シャープ且つ薄型スリムなデザインが印象的なLenovo製の14インチです。

にいに

Lenovoって有名なの?
IBMって知ってる?昔IBMのPC事業を買収した会社でめっちゃ有名だよ

ねえね

CPUは信頼と安定のインテル社Core i3でなんとクロックは3.0GHzと超高速。メモリーは8GBを確保しストレージもSSDで256GBと十分すぎる容量。解像度もFHDなので作業性も問題なしで快適です。

拡張性として、次世代規格「USB3.0 Type-Cが1ポート」「USB3.0が2ポート」「HDMI」「ヘッドホンジャック」「SDカードリーダー」が付いており必要十分。
バッテリーは使用時約12.0時間と長く、重量は約1.45kgなのでこのサイズなら十分軽いでしょう。
これが、6万円以下とは、素晴らしいの一言ですね。

Lenovo公式サイトで本機種をチェック

スペック条件をもっと落とせば5万円以下の機種だって世の中にはたくさんありますが、長く安心して快適に使うことを想定し、妥協無しで選定しました。

正直、初心者にこれ以上のスペックがいるとは思えませんが、もう1万円なら予算上げてもいいよって方は以下の【番外編】もぜひご覧ください。

【番外編】予算にあと1万円追加できるなら・・・あと1機種おすすめを紹介

番外編として「あと1万円追加するなら」をテーマにあと1機種紹介します。

あと1万円も追加すると、上記の条件にあった機種はグッと増えるでしょう。

にいに

じゃあ、たくさん紹介してくれるのか?

ただし予算を1万円もプラスするので、スペック条件も1ランク上げた選定です。

 

あと、今回の選定は僕の完全な趣味嗜好が強く、1番大きい要素はデザインです。

私は何でもデザイン(見た目)から入るわよ

ねえね

僕はApple社のMacBook Airと言うノートパソコンも所有しており、金属ボディで超薄型デザインのカッコイイところがお気に入りです。(残念ながら価格は軽く10万円超え。しかもWindowsではないので注意!)

そのせいでMacBookを思わせるような薄型シルバー系デザインに惹かれてしまう傾向があったりする。要するにカッコイイが正義なのよ!

では、どうぞご覧ください。

【Lenovo】IdeaPad Slim 550i【型番:82FE00YCJP】

 

【Lenovo】IdeaPad Slim 550i 製品番号: 82FE00YCJP
OS Windows 11 Home 64bit
CPU インテル Core i5-1135G7 プロセッサー (2.40GHz up to 4.20 GHz)
メモリー 8 GB DDR4-3200 MHz (オンボード)
ストレージ 256GB SSD
モニター(解像度) 14.0インチ FHD(1920×1080)
価格(税込) ¥68,211 (2021年12月調べ)

気付いちゃいました?

そうです。さっきと同じLenovoのPCです。

でもよく見てください。製品番号が違います。

CPUをワンランクアップしました。

にいに

なるほど、CPU違いの機種があるのか

ハッキリ言ってパソコン初級・中級者はこれを超えるモデルは必要ないと思うし、今の僕も必要ありません。そのぐらいの高性能スペックと言えます。

CPUを変えるだけで性能がグッとアップするのね

ねえね

この価格でこんなPCが手に入るなんて、いい時代になったと改めて思いました。昔は20万円あっても買えなかったよ~

Lenovo公式サイトで本機種をチェック

 まとめ.激安ノートパソコンの購入は慎重に

いかがでしたでしょうか。

一応エンジニアとしてのプライドを掛けて僕なりに「初心者におすすめの後悔しない機種」を選定してみました。

申し訳なかったのが、機種があまりに少なかったこと。

にいに

そうそう、種類が少なくて残念だったな

条件が厳しすぎましたが、妥協できなかったのは僕の性格の問題です。

真面目すぎ!もっと気持ちを楽に生きたらどう

ねえね

ちなみにLenovoと言うメーカーですが、僕はIBMの時代から現在も仕事で使っているので、安心できるメーカーです。

ご注意

とは言え、ノートパソコンの使い方は人それぞれ。僕の紹介した機種はオーバースペックでもっと安い機種を選びたいって人もいるかと思います。そう思う方は、ぜひ、パソコンにくわしい友人に聞くなりして慎重に選定されることをおすすめします。

お気に入りのノートパソコンが見つかることを祈ってます。

最後までお読みいただきありがとうございました。じゃあ、またね!

\Eクーポンコードでお得に割引き!/

Lenovo公式セールページをチェック