Amazonプライム特典

【シンプルが一番】Yモバイル新プランがお得でおすすめな理由を徹底解説!

 

こ、これは格安SIM業界がまた騒ぎになるなー!

にいに

どうした?なんか興奮しているようだけど

僕は格安SIMを使い始めて約10年が経ちましたが、こんな興奮はそうそうありません。

何に興奮しているの?

ねえね

今、格安SIM業界では料金値下げの大戦争が起こっています。こんなに激しく料金が動く年は今後ないかも知れません。

そんな中、お伝えしたいことがあります。

 

だれ向けにお伝えしたいのか

格安SIMにしてガチで節約したい人。でも、生活レベルは変えたくない人。

にいに

本気の人じゃないとダメなのか!

通信費の節約をまったく考えていない人は、すいません。

これ以上読む価値はありません。

 

格安SIMならどこでも満足できるってわけじゃない

格安SIMでもっとも注意すべき事として「通信速度」があります。格安SIM会社はキャリアメーカーから回線をお借りしている身。だから仕組み上、キャリアメーカーより通信が遅くなるのは仕方のないことです。

じゃあ、やっぱり格安SIMはやめた方がいいわね

ねえね

でもご安心ください。僕の節約方法は通信品質にも妥協はしません。通信速度が速い格安SIMが存在するのです。

 

10年の経験で僕が出した結論

この10年で多くの格安SIM会社を経験してきた結果、キャリアメーカーと遜色のない格安SIMがありました。

にいに

本当か!何か証拠はあるのか?

こちらの写真は通信速度を実際に測定した画面です。

上記の通り、ダウンロード通信速度がまさかの29.9Mbps!僕の自宅のWi-Fiが約20Mbpsなので、かなり速いことが理解できるでしょう。

ちょっと待って!ソフトバンクって書いてあるわよ!どう言うこと?

ねえね

 

答えは「Yモバイル」

ソフトバンク回線を使用しているYモバイルなら高品質な通信のまま、料金を安くして節約が可能です。

にいに

格安SIMなのに、どうしてそんなに通信が速いの?

通信が速い理由は、Yモバイルがソフトバンクのサブブランドだから。要するにソフトバンクと合併したから、同じ会社が経営していることになる。

先に公式サイトをチェック≫Yモバイル

 

さて、ここからが本題です。

僕が興奮している理由は、先日Yモバイルが打ち出した新プランをさらに値下げしたから。

このプランがさらに他社へダメージを与える程のインパクトなのです。

 

これより詳しく深掘りして説明しますが、本記事はスマホや格安SIMにくわしくない人にも出来るだけ分かりやすく解説するよう心がけています。

では、どうぞ。

筆者紹介

この記事を書いている僕はエンジニアで、格安SIM歴は約10年。
いままで家族や親戚にいたるまで15台以上のiPhoneやAndroidスマホに、Yモバイルなどの格安SIMをセットアップしてきました。だから格安SIMの知識にはちょっと自信があります。

Yモバイル新プラン「シンプル」がお得でおすすめな理由を徹底解説!

Yモバイルが出した新プランとは、「シンプル」プランと言います。

にいに

そのプランのどこがスゴイのさ?

「シンプル」の凄さを説明する前に、今回値下げのキッカケとなった大手キャリアメーカーの新プランを簡単に説明します。

大手キャリアメーカーの新プランとは

ドコモ・ソフトバンク・auが出した新プランを一覧表にまとめましたので、まずはご覧ください。ちなみに3社とも新プランの開始日は2021年3月からです。

大手キャリア新プラン一覧

ドコモ

ahamo(アハモ)

ソフトバンク

LINEMO

au

povo(ポヴォ)

月額料金(税抜) 2700円 2480円 2480円
データ容量 20GB
定額通話時間 5分までなら何度でも 別オプション(5分以内が550円)

 

3社ともに、20GB/月の大容量プランでヘビーユーザー向けです

サービス内容はどうなのかな

ねえね

「ahamo」は、月額2700円(税抜)で定額通話時間5分が付いている。
「povo」「LINEMO」は定額通話時間を別オプションにして2480円(税抜)。電話を掛けない人にとっては節約になるので嬉しい選択肢です。

とは言え、僕のような3GB/月も使わないライトユーザーには高すぎます。

 

Yモバイル新プラン「シンプル」とは

Yモバイルの新プラン「シンプル」には「S」「M」「L」の3つのプランがあります。以下の一覧表で分かりやすく説明します。

シンプルプラン一覧

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金(税抜) 1980円(税抜) 2980円(税抜) 3780円(税抜)
データ容量 3GB 15GB 25GB
データ超過時の最大通信速度 300kbps 1Mbps
定額通話時間 別オプション

 

注目は「シンプルS(3GB)」プランです。

「シンプルS(3GB)」は「アハモ(20GB)」と比べると差は約700円ほどです。

にいに

あの~、容量の差がデカイのでそんなに安くないような

 

じつは驚きなのは、2台目からの料金です。以下をご覧ください。

2台目(2回線目)からの料金

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金(税抜) 900円(税抜) 1900円(税抜) 2700円(税抜)

なんとシンプルSの料金がたったの900円。要するに2台目以降からは1080円引きに値下げしました。正直ビックリの値引きです。

だから家族が多いほど、どんどんお得になっていきます。

 

そしてアハモのように定額通話が欲しい人は以下より通話オプションを選べます。

シンプルプランの通話オプション一覧

短時間の電話が多い人向け

「だれとでも定額」

かけ放題(10分)

めっちゃ電話する人向け

「スーパーだれとでも定額」

かけ放題(24時間)

オプション料金(税抜) 700円 1700円
通話時間の内容 かけ放題(10分/回) かけ放題(24時間いつでも)

「だれとでも定額」の700円で10分ってのが地味にありがたい。僕はahamoのように5分までかけ放題の経験があるけど、5分ってすぐに経過するから使いにくかった。10分なら問題なしです。

よって、家族で利用するなら、「Yモバイル」が高速通信のまま大きく通信費を節約できるのです。

 

詳細はこちら≫Yモバイル

Yモバイルの唯一のデメリットとは

カンのいい人なら気付いたはず。

Yモバイルのデメリットは、「ひとりで使う」場合は、お得ではないこと。

分かりやすく言うと、「ひとりで使う」ならライバルであるUQモバイル新プラン「くりこしプラン」の方がお得。UQモバイルの3GBプランは1台目から1480円(税抜)なのです。

UQモバイルのくりこしプラン一覧

くりこしプラン

「S」

くりこしプラン

「M」

くりこしプラン

「L」

月額料金(税抜) 1480円 2480円 3480円
データ容量 3GB 15GB 25GB
データ超過時(節約モード時)の最大通信速度 300kbps 1Mbps
定額通話時間 別オプション

しかも、プラン名の通り、使わなかったデータを翌月に繰り越せるのでムダがない。「くりこし機能」こそUQモバイルが人気の理由の一つで、この機能がYモバイルにないのは本当に残念。ちなみにUQモバイルはauのサブブランドなのでYモバイルと同じぐらい高速通信で快適です。

詳細はこちら≫UQモバイル

まとめ.ソフトバンク&Yahoo好きのライトユーザーはYモバイルで決まり!

いかがでしたでしょうか。

少しでもYモバイルの魅力が伝わったのなら幸いです。僕も初めて使った時あまりの通信速度の速さにビックリした。

そして、もうひとつ大事なことを伝え忘れてました。

皆さんがよくご存じのヤフーは、ソフトバンクの連結子会社なのでYモバイルとも関係性が深い。だからYモバイルにはオンラインストアのヤフー店があり、PayPayボーナスなどが貰えてお得に購入できる。一度チェックしてみましょう。

詳細はこちら≫Yモバイル ヤフー店

 

もし今まで一度も格安SIMへの乗り換えをやったことが無いって方は、こちらの記事「iPhoneにおすすめの格安SIMと乗り換える全手順を紹介|注意点も分かりやすく解説」で全体の手順を把握しておくことをおすすめします。意外とかんたんだよ。
iPhoneにおすすめの格安SIMと乗り換える全手順を紹介|注意点も分かりやすく解説

 

最後に、Yモバイルには他社にはあまりない大きなメリットがあります。

それは、店舗でのサポートが受けられること。

にいに

えっ!そんなこと当たり前だろ

店舗をかまえてない格安SIMメーカーがほとんどの中、Yモバイルは割とソフトバンク店舗のお隣にショップがあり、店舗数としてはとても多い。

困った時に聞きに行けるのは安心だね

ねえね

 

そして、機種変更でもYモバイルは割引があってお得なんです。

 

ではお互い、生活レベルを変えない節約方法で、人生をもっと豊かにしましょうね。

またねー(^_^)v

\新プランは契約期間縛り&契約解除料なし!/

Yモバイル ヤフー店をチェック▸

Yモバイル公式サイトをチェック▸