マキタ掃除機の悪い口コミってホント?カプセル式を2年使って分かったデメリットも解説!

本ページはプロモーションが含まれています

こんにちは!お掃除してますか?

我が家ではマキタのコードレス掃除機(充電式クリーナ)を2年以上愛用し使い続けています。

にいに

えっ、マキタ?聞いたことないなー

ねえね

「清掃プロ業者用の掃除機と言ったらマキタ」って言うぐらい有名よ

マキタ掃除機は、昔から清掃プロ業者より高評価を受けているコードレス掃除機なんです。

企業で掃除のおばさまが使っている掃除機、かなりの確率でマキタですよ。

目次

マキタ掃除機の悪い口コミってホント?使用歴2年の僕が解説!

僕はダイソンなど数ある掃除機メーカーの中から、あえてこのマキタを選んで使用しています。

その掃除機がこのCL100DWです。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥12,827 (2024/05/19 22:55:23時点 Amazon調べ-詳細)

マキタ掃除機って悪い口コミもありますが一般的には割と高評価を受けており、その理由は以下の通りかなって僕は思います。

  • とても軽量でお手軽
  • 必要十分な吸引力
  • 構造がシンプルでメンテナンスしやすい
  • バッテリー交換が可能(バッテリ-切れがない)
  • ガンガン使っても丈夫
  • 圧倒的にコスパが良い

デメリットもありますが、正直メリットが大きくて僕は気になりません。

にいに

マキタを導入してから今までの掃除機をまったく使わなくなったなー!

ねえね

もう使う気ないから処分しましょう💛

以上のように我が家ではお気に入りのマキタ掃除機ですが、一般の口コミも集めてマキタの評価をまとめてみたいと思います。

マキタ掃除機の評判(メリット・デメリット)口コミまとめ

まずは一般の評判や口コミを集めて僕なりに簡潔に分かり易くまとめてみます。

圧倒的にメリットの口コミが多いですが、デメリットもあります。

マキタ掃除機のメリット(良い口コミ)

  • ダ〇ソンよりメッチャ軽くてスイスイ掃除ができる
  • バッテリーが脱着式だから交換出来て長時間使用できる
  • 吸引力は決して強くないが必要十分
  • 掃除機って面倒くさいことだったけど一変して掃除が楽しい
  • バッテリー故障で使えなくなる他メーカとは違い自分で交換できる
  • 万一故障してもバッテリーなしの本体だけならメッチャ安い
  • トリガー式はバッテリーの無駄使いがなく長持ち
  • それほどオシャレなデザインでないところが逆にガンガン使える
  • ドリルドライバーなどの工具とバッテリーを共用できる
  • とにかく使い勝手が良すぎる

マキタ掃除機のデメリット(悪い口コミ)

  • 思ったより吸引力が弱い
  • 音が想像より大きい
  • デザインがオシャレじゃない
  • バッテリー&充電器が高い

 実際にマキタ掃除機(カプセル式)を2年以上使っている僕の正直な感想レビュー

f:id:hodagane:20200124225654j:plain

私が購入したマキタ掃除機はCL100DW。このモデルは旧デザインタイプ。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥12,827 (2024/05/19 22:55:23時点 Amazon調べ-詳細)

そしてもうちょっとオシャレ感を出した新デザインタイプCL106もあります。それがこれ。

僕はあえて旧デザインタイプを選びました。

理由はずばり『軽量』です。

手軽に使うには少しでも軽量の方がよいと思ったから。

ちなみに新と旧の重量の違いは以下。

(新)CL106FDSHW 0.98kg
(旧)CL100DW 0.88kg

ちなみに旧と言っても人気機種で現行モデルです。

新デザインタイプもやはり人気でこれは好みでしょう。

選定時、もうひとつ旧で気に入ったのは、バッテリーが小型であること。

では、マキタ掃除機を2年以上使用した僕の感想をメリット・デメリットに分けて解説します。

メリット1.コードレス掃除機はお手軽が一番

初めて使ったとき真っ先に思ったのが「軽い!」。

バッテリーを搭載でこの重量なら持ち運びが億劫にならない。

散らかったりしたら、サッと取り出してお掃除。

このフットワークの良さはマキタ掃除機の最大のメリットだね。

もう、今までのコードあり掃除機には戻れません。

っていうか戻る気はありませんね。

メリット2.バッテリー交換が超簡単

マキタ掃除機はバッテリーを脱着できます。

そう、要するにバッテリーを交換できるってこと。

交換方法も超かんたん。すばやく出来ます。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥4,600 (2024/05/19 22:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

このバッテリーの交換がハンディタイプ掃除機に革命を起こしていると言ってもよいと思う。実際、3~4LDK的な家を念入りに掃除してみると、大抵途中でバッテリー切れを起こすと思います。そこで、また充電し直すために掃除を中断するとやる気が一気になくなりますよね。このマキタならもう一本バッテリーを持っていれば簡単交換で掃除を止めることなく一気にやり終えることが出来ます。

にいに

掃除のリズムを崩されないってわけか!

ねえね

そうそう、掃除はリズミカルにやりたいよね♬

メリット3.ゴミ捨てが簡単

溜まったゴミはカプセルの中ですが、クルっと回して簡単にオープンできてゴミ箱へポイっと捨てれます。

僕はカプセル式を選びましたが、マキタ掃除機には紙パック式もあります。

紙パック式は紙パックを交換するだけでゴミ捨て完了。

どちらにしたいかは好みかと思います。

私が紙パックを選ばなかった理由は、パックの容量が小さいのですぐにゴミいっぱいになってパック交換の頻度が早そうと思ったから。あとランニングコストとして紙パックを買い続ける必要があるのがイヤでした。

でも友人は紙パックを使用していますが、紙パックの中にゴミを閉じ込めているのでゴミ捨ての際、埃が立つこともなくお気に入りのようです。

メリット4.壁掛けができる

旧デザインタイプは壁掛けフックに引っ掛けることができます。一番使う頻度の高いリビングなどの壁際に掛けておくと場所も取らずとっても便利。

何度も言うようですが、大事なのは、サッと取り出せる手軽さです。

メリット5.バッテリー無しの本体が激安

こんな清掃プロ業者も愛用するマキタ掃除機ですが、ハッキリ言って驚愕の値段です。バッテリー・充電器なしの本体のみの価格は 、実売で5000円を切ります。

もうこれなら、遠慮なくガンガン使えますね。

メリット6.バッテリーをシェアできる

マキタは、 総合電動工具メーカーでいろいろな工具を販売しており、これらもプロ業者に愛用されています。

そうなんです、この工具類とバッテリーをシェアできるんです。

DIYが趣味の僕としては、とても魅力的なコンセプトです。

気を付けたいのは、充電器が2つにならないように購入すること。要するに次に買うアイテムは、本体のみでOKです。

メリット7.サイクロンに変身できる!

実は紹介したマキタの掃除機、サイクロンに変身できるようになりましたー!このアタッチメントをパイプの途中に取り付けるだけでカプセルの中にゴミが溜まっちゃうんです♬

にいに

そんな後付けの設計で本当にゴミが吸えるのか?

ご覧の通り、しっかりゴミが溜まります。しかもごみ捨てが超らくちん♬です。

デメリット1.使っていると吸引力が落ちる

これは特にカプセル式の特徴かもですが、使っているとフィルターに埃が詰まり吸引力が下がります。しくみ上、仕方がないですが、このフィルターを交換すれば吸引力は復活します。なので僕もこのフィルター10枚セットを購入しました。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥812 (2024/05/19 22:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、このフィルターが意外と丈夫で洗って乾かせば何回も復活します。

だから2枚を使い回しているからフィルターが一向に減りません(笑)

コスパ良すぎです!

デメリット2.なんのセンサーも無し

「吸い込み部のゴミありセンサー」や「ゴミが溜まってゴミ捨てごろセンサー」などコードあり掃除機にあるようなセンサーは一切ありません。

まあ、正直、掃除機のセンサーって必要ですか?個人的にはコストが高くなるセンサーは要りませんね。

実はマキタの人気No1は紙パック式♬

実はマキタのベストセラーは紙パック式なんです。こちらがAmazonで堂々の1位。

紙パックの利点は何と言っても、紙パックを交換したら吸引力が復活することですね。カプセル式のようにフィルターを掃除する必要もないのでお手軽。

デメリットは、ランニングコストとして紙パックを購入する必要があること。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥490 (2024/05/19 22:55:29時点 Amazon調べ-詳細)

とは言え、10枚入りで500円もしないのでコスパ良しです。

あなたなら、どっちにしますか?

マキタのライバルはどれ?ずばりHiKOKIでしょ!【ダイソンも!】

現時点のマキタのライバルって僕的には、ずばり以下の2社。

  • HiKOKI(ハイコーキ) コードレス掃除機 R18DB
  • Dyson コードレス クリーナー V8 Fluffy Extra SV10 TI

それぞれ、簡単に解説します。

【マキタのライバル1】HiKOKI(ハイコーキ) コードレス掃除機 R18DB

HiKOKI(ハイコーキ)は旧Hitachi Koki(日立工機)のことで、マキタと同じように各工具とバッテリーをシェアできるシステム。しかも本モデルは始めからサイクロンとして設計しており吸引力もしっかり研究されている。

ちなみに僕のDIY好きな友人はこのモデルを選んだ。購入の決め手を聞いたら、やっぱりゴミが捨てやすいサイクロンとのことです。

【マキタのライバル2】ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy + SV14 FF COM

created by Rinker
Dyson(ダイソン)
¥50,800 (2024/05/19 22:55:30時点 Amazon調べ-詳細)

特にDIYを趣味にしていないのなら、Dyson(ダイソン)は無視できない存在ですね。5万円以下のエントリーモデルもありますが、実際、本モデルのような高級タイプの方が評価も高い。Dysonにするなら中途半端なモデルを選ばない方がいいかも知れません。

どっちも、デザインはマキタよりオシャレですね。

まとめ.やっぱりマキタ掃除機が最強でおすすめ

まとめます。

僕が思うマキタの最大のメリットは以下2点ですね。

  • バッテリーを他の工具とシェアできる
  • 業務用デザインなのでガンガン使える

マキタ掃除機の良さが少しでも伝われば幸いです。

本来、清掃プロ業者向けに作られたはずのマキタですが、この人気ぶりは、あまりの使いやすさで「一般家庭用としてもバズった」と言えるのではないでしょうか。

総合評価として僕の中ではマキタ掃除機がおすすめで最強なのです。

でも、どんな人にも向いてるとは思いません。

最後に、マキタ掃除機が向いてる方は以下ですね。

向いてる人
  • とにかく手軽に使いたい人
  • 超吸引力にこだわらない人
  • バッテリー交換機能が絶対にいる人
  • オシャレデザインより低価格が大事な人

他メーカーを選んだ方がいい方は以下の感じかな。

向いてない人
  • 圧倒的な吸引力がほしい人
  • 高値でもオシャレにこだわる人

ぜひ、自分に合ったスタイルでお掃除を楽しみましょう!またねー

日々のお掃除はやっぱり・・・

おおむね間違いなく「お掃除ロボットなんていらんわ!」って思っている人は一度も使ったことがない。
昔の僕がそうで子供にせがまれて買ってみたら考えが一変。日々の掃除に家族の時間が奪われていたことに気付いたよ。

にいに

ママに感謝しろ!

最先端の技術を搭載したみんなの憧れルンバは価格がピンキリだけど一番安いモデルでもめっちゃ感動すること間違いなし!

ねえね

ルンバとマキタがあればお掃除できないところはないわよ♬

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次