話題の楽天モバイル「UN-LIMIT」1年間無料キャンペーンはこちらで詳しく解説♬

PS5の性能を完全に引き出すおすすめモニター5選!【マジなゲーマー向け】

 

PS5の周辺機器として最も重要な「モニター」をどれにするか。

にいに

別に今持っているテレビやPCモニターでいいんじゃないの?

昔の僕はモニターにこだわりがなく、ある意味ゲームを十分に楽しめていませんでした。

なぜなら、ゲーム機が持っている本来の性能を引き出せずにプレイしてたから。

せっかくの高性能ゲーム機が台無しってわけね!

ねえね

何度かモニターを買い替えた経験と失敗から、モニターはテキトーに選んではいけないってことに気付いたのです!つまり、よく考えずに購入すると後悔することになります。

結論を先に言っちゃうと、最適な「ゲーミングモニター」を購入すべきです。

 

この記事を書いている僕は、会社でも自宅でも四六時中モニターと向き合うオタク兼サラリーマン。

自宅ではPS4でゲーム&PCでYouTubeやAmazon Prime Video・ネットサーフィンやブログ等、あらゆる面でモニターと向き合うヘビーユーザーっす。

 

そんな僕がPS5の性能をしっかり楽しむことができるゲーミングモニターの選び方を紹介します。

モニターの準備で迷っている方の参考になれば幸いです。

ご注意

本記事の説明では、CPUとかGPUとかの詳細な名称などは説明しません!コンピューターが好きで超マニアの方には重要な情報かも知れませんが、ここでは純粋にPS5でゲームしたい一般の人向けとなります。よって、モニター選定に必要なスペックのキーワードのみに着目します。

PS5の映像出力スペックを理解しよう

モニターを選定する前に、PS5の映像出力スペックを理解しないと始まりません。

そしてPS5がいかに高スペックか分かるように僕が持っているPS4(Slim)と比較してみます。

PS5の映像出力スペックはこちら。

スペック名 PS5 PS4(Slim)
解像度 4K(3840×2160)

8K(7680×4320)

FHD(1920×1080)
フレームレート 120fps(4K)

60fps(8K)

60fps
映像技術 レイトレーシング HDR

※PS4 Proなら4K表示できましたが、純粋な4Kではなく、疑似的に作られた4Kとのこと

にいに

スゲー!PS5は標準で4K対応か~

PS5の解像度は4Kが標準。しかも120fps。これは3D高速ゲームのクオリティーをもっと上げるために他ならない。

8Kも対応していますが60fpsなので、おそらく映画等の動画配信に対応するためと思われる。8K動画普及が一気に加速しそうです。

あの~、120fpsのフレームレートって何?

ねえね

フレームレートの120fpsは、1秒間に120枚の画像を出力できるって言う意味。

モニターに映るゲームの映像ってパラパラ漫画のように、連続で画像を切り替えることで動いているように見える。

ってことは、PS4の60fpsに比べて、より動きが滑らかってことだよ♬

にいに

HDRはiPhoneなどスマホのカメラにある機能だよね。でもレイトレーシングは聞いたことないぞ!

HDRは高い輝度幅で表示する技術でリアルな明るさの画像を表現できるのに対し、レイトレーシングは光線追跡法のことで光の反射ぐあいを画像に表現する技術。

例えば自動車って、丸みのある美しい塗装に且つガラスが使われているから光が複雑に反射して見えるのが現実の世界。レイトレーシングはその現実の見た目に映像が近づくってわけ。すげ~リアルになるぞ!

PS5の性能を完全に引き出すモニターの条件とは

上述した通りPS5はPS4より格段に性能が上がりました。

にいに

この高い性能に対応できるモニターが必要なのか~
でも、どうやって選定すればいいの?

ねえね

PS5の性能を完全に引き出すモニターを選定するためには、以下の3つ条件をクリアする必要があると考えます。

条件

  • 高解像度に対応
  • 高速表示に対応
  • HDRに対応

では、それぞれを深掘し説明しますね。

高解像度に対応【結論】WQHD以上を選ぼう

冷静に考えれば分かると思いますが、4Kで出力するPS5に対してFHDのモニターだったら美しく繊細な本来の画像が見れません。やっぱり、ソフトメーカーがこだわり抜いて製作した美しいゲームグラフィックを4Kモニターで楽しみたいものです。

にいに

じゃあ、4Kモニターを選べばいいんだね

とは言え、解像度が低い方が高速フレームレートに対応しやすく、価格も下がるメリットもある。

4Kモニターだけに絞ると選択しが少なく、しかも高額ってことね

ねえね

結果、可能な限り低コストで美しい映像を楽しみたいので、最低でもWQHD(2560×1440)以上を選ぶのがよいでしょう。

解像度のWQHDは4Kより劣りますがFHDの2倍の画素数なので、十分きめ細かな映像が楽しめると考えます。

高速表示に対応【結論】リフレッシュレート140Hz以上を選ぼう

リフレッシュレートは、モニターが1秒間に何枚の画像を表示できるかを表すスペック。

にいに

分かった!PS5のフレームレートに対応できるかを判断するスペックでしょ

PS5のフレームレート120fpsに対し、モニターのリフレッシュレート120Hzで、ピッタリとなります。

なるほど!120Hzのモニターを選べばいいのね

ねえね

とは言え、完全同期しているわけではないので、120Hzでは取りこぼしが発生すると考えます。

よって、出来るだけ取りこぼしを無くすために、余裕をみて140Hz以上を選びましょう。

補足説明

高速表示に対応と言う意味では「応答速度」というスペックもあります。めっちゃ簡単に説明すると「色の変化に要する時間」が応答速度。これが速くないと残像が出やすくなります。一般的にゲーミングモニターは応答速度が1ms以下のものが多い印象だよ。

多色表示に対応【結論】HDR対応モニターならベター

HDR対応モニターって言うのはあるけど、レイトレーシング対応モニターって言うのは基本ない。

にいに

え~、じゃあどうすればいいの?

結論を先に言っちゃうと、HDR対応モニターが選べればベターです。

どうしてHDR対応モニターがいいの?

ねえね

なぜならレイトレーシングはグラフィックを描くための手法なので、表示可能色が多ければOK。HDRであれば輝度幅を広く表示できるから尚よいと考える。

とは言え、多色表示対応ならHDRにこだわる必要はそれほどないかな。

PS5用で後悔しないおすすめゲーミングモニター5選

それではPS5におすすめのモニターを紹介します。

ノミネート絶対条件は以下2つのみ。

  • 解像度:WQHD(2560×1440)以上
  • リフレッシュレート:144Hz以上

低価格なモデルも紹介できるよう、HDRはあえて絶対条件から外しました。

にいに

もちろんHDRがあった方が美しいぜ!

また、僕はゲーム目的ならリフレッシュレートを重要視するので、応答速度も絶対条件から外しました。

でもリフレッシュレートが高いと応答速度も割と速かったりするわよ

ねえね

もちろん、応答速度も1ms以下で速かったら完璧です。

液晶パネルの種類について

液晶パネルには、「TN」「VA」「IPS」の3種類があります。

それぞれ、一般的に言われる特徴は以下の通り。

  • 「TN」はリフレッシュレートも応答速度もすごく速く、まさにゲーミング向き。
  • 「VA」は応答速度は遅いがリフレッシュレートはちょっと速い。黒色表現が優秀で映画鑑賞向き。
  • 「IPS」は応答速度がちょっと遅いがリフレッシュレートはすごく速い。ゲーミング・映画どちらにも良い。

よって、ゲーミングモニターに向いている液晶パネルは「TN」と「IPS」である。

23.8インチ【WQHD】Acer ゲーミングモニター

Amazon限定のAcer ゲーミングモニターです。約24インチのWQHDでリフレッシュレートは144Hz。しかもTN液晶パネル採用で応答速度が1ms。

この完璧に近い仕様で、価格がなんと3.5万円程と言うのが驚き。

とにかく安いモニターが欲しい人にピッタリですね。

27インチ【WQHD】HP ゲーミングモニター

HPの27インチゲーミングモニターです。WQHDでリフレッシュレートは144Hz。ただしIPS液晶パネルなので応答速度は4ms。

とは言え応答速度4msでもプロゲーマーでなければ十分速いレベル。

価格も3.8万円程なので、27インチとしては低価格帯のモデルです。

「27インチ × 低価格」を希望する人によいと思う。

27インチ【WQHD】iiyama ゲーミングモニター

iiyama WQHD ゲーミングモニター27インチです。TNパネル採用でリフレッシュレート144Hz、応答速度1ms。

27インチのゲーミングモニターとしては完璧に近い仕様ですね。

この仕様で価格は約4.4万円とコストパフォーマンスに優れたモデルです。

割と低価格で応答速度にもこだわる方によいですね。

27インチ【4K】LGゲーミングモニター

LGゲーミングモニター27インチです。解像度は4K。しかもIPS液晶でリフレッシュレート144Hz、応答速度1msを実現。

さらにHDR10、および、10bitカラー(10.7億色表示)にも対応し、理想を完全に網羅。

PS5の性能を完全に引き出すモニターの見本となるモデルと思います。

まさに完璧を求める人は、本モニターを検討する価値ありでしょう。

もちろん、IPS液晶なので映画鑑賞としても満足度の高い一品ですね。

31.5インチ湾曲【WQHD】ASUSゲーミングモニター

約32インチのASUS製ゲーミングモニターです。解像度はWQHDで、VAパネルにてリフレッシュレート144Hz、応答速度1msを実現しています。

湾曲した大画面なので、圧倒的な没入感が体験できるでしょう。

しかも32インチで、約5.7万円とコストパフォーマンスも高い。

ゲームは大画面が正義っていう人におすすめですね。

まとめ.PS5に最高な相棒を手に入れよう

いかがでしたでしょうか。

PS5の性能を引き出すモニターの条件が少しでも伝わったのなら幸いです。

もう一度、ポイントを整理します。

ポイント

・解像度はWQHD(理想は4K)

・リフレッシュレートは144Hz以上

・HDRはあればよいレベル

何も知らずにモニターを買うと、美しい映像を美しく観れないことが発生し、結果的に後悔をします。

そのぐらいモニターの選定は大事なんです。

モニターって何度も買い替えるものではないので、多少コストは掛かりますが、こだわって購入することをオススメします。

 

おまけの話しですが、PCでやるマジなプロゲーマーレベルの方々は、あえてFHDの高速表示に特化したモニターを使用します。

例えば以下は、大人気モデルです。

このBenQ製モニターは、リフレッシュレートは240Hz、応答速度は0.5msと超高速仕様。

まさに、プロゲーマーを満足させる一品ですね。

 

モニターの世界って結構奥が深い!

ぜひ、お気に入りのモニターが見つかることを祈ってます。またねー!