Amazonプライム特典

ヴォクシー80系ハイブリッドのバッテリーを自分で交換してみた!おすすめアイテムも紹介♬【ノア・エスクァイアも参考】

 

にいに

車のバッテリー交換って自分で出来ないかな?

この疑問を持った方は節約の第一歩を踏み出しました。なぜならバッテリー交換って、車種によってはディーラーに依頼すると自分でやるより約2倍の料金が掛かると言われているから。

えっ、そんなに料金が高いの!!

ねえね

私の愛車ヴォクシー(VOXY)ハイブリッド(HV)80系も例外ではなく、ディーラーにお願いすると4万円ぐらいですが、自分でやると大きく節約できちゃう。

結論を先に言っちゃうと、バッテリー交換は自分でやらなきゃ損!やってみたら総額2万円弱で、しかも作業は意外と簡単でした!

というわけで、バッテリーの購入から交換完了まで、実際に行なったすべての工程を42枚の画像で解説します。

もちろん、兄弟車のノア・エスクァイアも同じなので、参考になると思いますよ。

では、どうぞ。

 

本記事の内容

  • バッテリーの寿命と交換を決意した理由が分かる
  • VOXYハイブリッドにおすすめのバッテリーが分かる
  • メモリーキーパーも買った方がいい理由が分かる
  • バッテリー交換に必要な工具が分かる
  • バッテリー交換の全手順と注意点が分かる

 

筆者紹介

この記事を書いている僕は、節約が大好きで自分でやりたがり性格のDIY好きなお父ちゃん。家族の家計を守るために(本当は自分のお小遣いを増やすために)日々、節約できることがないか模索中。節約の代表格「格安SIM」は10年以上運用中~♬

 

ご注意

VOXYハイブリッド車には「タイヤを回すモーター用のバッテリー」と「補機用バッテリー」の2種類があり、今回交換したバッテリーは普通の車にも搭載されている「補機用バッテリー」です。ちなみに「タイヤを回すモーター用のバッテリー」はディーラーでないと交換できないでしょう。

また、バッテリーの交換は簡単でしたが、やり方を間違えると危険な作業でもあります。よって、もし参考にされる方はすべて自己責任でお願いします。

ヴォクシーHVのバッテリー寿命はどのくらい?実際の交換理由から分かる期間を解説。

今回、バッテリーを交換しようと思った理由は以下2点です。

  • リア扉の電動スライドドアの開きが遅くなった
  • バッテリーテストで状態が「注意」となった

上記のとおりで、少し深掘りして説明します。

VOXYのリア扉の電動スライドドアですが、スイッチを押してから開き始めるまでに「一呼吸の間」を感じるようになったんです。この現象は昨年、セカンドカー(軽自動車)にも起きてて、その数か月後に買い物先のスーパーでバッテリーが上がり動けなくなりました。でもね、このトラブル半年前にディーラーへ点検に出してたけど異常はなかったのよ。

にいに

あの時は大変だったな

そして今回、VOXYをディーラーへ点検に出したら、バッテリーテストで「注意」って出たんです!でもディーラーの方の説明は「要交換までは余裕があるのでまだ大丈夫ですね!」だったので安心して数ヶ月経過。そしたら先日、たまたま知り合いの方がバッテリー上がりを起こし状況を聞くと、数ヶ月前にディーラーの点検で「注意」が出てたとのこと。

安心できないってわけね

ねえね

この状況、あなたならいつバッテリーを交換します?

今でしょ!

補足説明

ちなみに、愛車ヴォクシーは新車で購入してから4年半が経過し、走行距離は4万kmを超えてましたー。

にいに

1年1万kmのペースってあまり車を使ってない方だよね

セカンドカーは5年2ヶ月でバッテリーが上がった。使用状況にもよると思うけど4年経過したら要注意!?だね。

VOXYハイブリッド80系のおすすめバッテリーってどれ?【ノア・エスクァイアも同じ♬】

VOXY 80系のハイブリッド(HV)車として選んだバッテリーは、GS YUASA(ジーエスユアサ)の品番『ENJ-375LN2』です。

もちろん、兄弟車のノア(NOAH)ハイブリッド、エスクァイア(Esquire)ハイブリッドも同じですね。

にいに

他のメーカーは検討しなかったのか?

近年はパナソニック製のバッテリー「caos(カオス)」シリーズがアイドリングストップ車用としてリーズナブルで人気ですが、調べたところVOXY80系HV用としてはイマイチどれが適合か分からんかった。って言うかちょっと、あの青色、僕の心が落ち着かない・・・

って言う訳で、日本製で且つ、デザインがいかにもクルマのバッテリーらしい「ジーエスユアサ」を選択。ジーエスユアサですが、自動車バッテリーメーカーの老舗で日本製ってのが安心♬

ちなみにどうやって適合バッテリーを調べたの?

ねえね

ジーエス・ユアサならバッテリー選定がめっちゃ簡単で、以下のサイトより車の「メーカー」「車名」を選択し、車検証に書かれている「型式」を見つければ、バッテリー適合情報として「種類」がわかります。

僕の場合、クルマの型式は「DAA-ZWR80G」で、バッテリーの種類は「LN2」ですね。そこをクリックすると適合バッテリーとして、正確な型式品番「ENJ-375LN2」が分かります。

≫ジーエスユアサのバッテリー検索サイト

あとは、この型式品番をみんな大好きAmazon・楽天で検索すれば、この通り。

バッテリーをネットで注文すると、どうやって届く?品質はどう?

ひとつ気になってきたのが、クルマ用のバッテリーをネットショップで買った場合、どうやって届くのか?

にいに

そうそう、クルマのバッテリーって重いよね・・・
たしか、液とか入ってるから大丈夫?

ねえね

届いて見てみたら納得な梱包状況でした。

商品箱をそのまま利用した簡易梱包ですが、じつは左右に取っ手用の穴があります。

 

しっかり注意書きで運送ドライバーさんにアピール。気を付けて運んでくれました。

 

「国内シェアNo.1」「日本製」が安心だね。「24ヶ月または4万km」って書いてあるけど、実際は「54ヶ月で約4万km」なので「4万km」がピッタリ😵

 

本バッテリー「ENJ-375LN2」ですが「ノアHV・ヴォクシーHV・エスクァイアHV」以外にも「アルファードHV(H30系)」「ヴェルファイアHV(H30系)」「C-HRガソリン車」「レクサスNX HV」「レクサスRX HV(L20系)」「カムリHV(H70系)」が対応だってさ。

 

箱にピッタリサイズです。

 

取っ手があるのが嬉しいですね。

 

シンプルですが、日本製らしく高品質な作り。いい仕事してますね~😊

 

取説もあります。写真にある2つのパーツは後ほど説明するね。大事な部品です。

メモリーキーパーってどんな商品?必要なの?【おすすめアイテムです!】

僕も今回自分で交換するまでカーメイト製「メモリーキーパー」って言う商品を知りませんでしたが、じつはバッテリー交換の際、重要なアイテムです。

これを使うことで、クルマのあらゆるデジタル記録を消さずにキープしてくれます。要するにバッテリーが外されても、この「メモリーキーパー」が代わりに電気をデジタル機器に与えてくれます。

にいに

具体的には何の記録を守ってくれるの?

たとえば「デジタル時計」「ナビ登録地点」「ラジオ局」「スマホとの接続設定」など登録した情報が消されないよう守ってくれる。これらをすべてやり直すって考えるだけでもイヤですね。

商品選びで迷ったのがエーモン製「メモリーバックアップ」

こちらも人気の商品ですが、バッテリーの端子に直接クリップで挟んで使用します。作業中にクリップが外れないかちょっと心配。

でも、「メモリーキーパー」は多くの車に存在する「OBDIIコネクター」に接続するので外れる心配はなし。しかも、インジケーターが優秀で「電池動作中」「バッテリー接続中」「メモリーキープ中」の動作状態が分かっちゃう。

ちちは心配性だからね

ねえね

よって僕の場合「メモリーキーパー」で決定。「OBDIIコネクター」が無いクルマはもちろん、使えるか分からない場合は、迷わず「メモリーバックアップ」を選びましょう。

では、「メモリーキーパー」がどんな商品か確認です。

シンプルな箱です。

 

品番は「SA202」、正確な商品名は「メモリーキーパーRED」だって。

 

かなりコンパクトです。ケーブル長は約110cmで十分。

 

OBD2 コネクタの2つのピンしか使いません。だって必要なのは電源の「プラス」と「マイナス」だけだから。

 

蓋を開けるとこんな感じ。

 

単4の乾電池6本を使用します。セットすると「電池動作中」のランプが付きました。(電池容量が減らないように使用する直前まで1本抜いておきましょう)

ついでにネットショップで買うと楽ちん。

 

取説にOBDⅡコネクタの位置について説明があります。車種によって場所は違うってさ。

バッテリー交換に使用した道具を紹介

今回バッテリー交換に使用した道具ですが、以下3つです。

だしかダイソーで買った軍手(ゴムコーティング付き)。普通の軍手でも良いと思うがゴムがなんだか安心。ちなみにプロの方は作業に手袋してない人も多いみたい。

 

10mmのスパナ。レンチとも言う。持ってないなら、こちらのエーモン製がベストセラー。

 

ラチェットレンチ。無くても十分交換できるけど、あると便利。DIY好きなら持っていて損はない。僕が使っているのはこんな感じのセット品。

ヴォクシーHVのバッテリー交換作業前にチェック・実施すべきこと

バッテリー交換作業に入る前に以下の2つをチェック・実施しておきましょう。

  • OBDⅡコネクターの位置の確認
  • ルームランプをOFFに設定

前準備って交換作業にとっても大事なことですよね。特にルームランプをOFFにしておかないと、「メモリーキーパー」の電池をこのランプが使っちゃうから。

ヴォクシー HV 80系はここの裏にあります。でもカバーとか外さなくてOK。

 

下から覗き込むとOBD2 コネクタ、ありましたー。

 

フロントのルームランプをOFFにセット。

 

中央とリアのルームランプも忘れずにOFF。

 

自分でやったヴォクシー HV 80系バッテリー交換の全手順を解説!

では、準備も整いましたので、ヴォクシー HV 80系バッテリー交換の全手順を写真付きで分かりやすく解説します。

手順1
3列目シート収納

左右のサードシートを折りたたみましょう。

手順2
リアカバー取り外し

荷台部分のカバーを矢印の所から手を入れて外します。

手順3
バッテリー端子部カバー取り外し

バッテリーの「プラス」「マイナス」のカバーを矢印の方向にスライドして外します。

手順4
カバー本体を取り外し

矢印の隙間に指を入れて、真上に引っこ抜く感じでカバー本体を外します。

手順5
バッテリー状況確認

バッテリーが見えました。プラス側端子は赤色のカバーが被さってます。

手順6
固定ステーの取り外し

上・下のネジを緩めて、ステーを外します。この時、左側のアダプタも抜いておけばよかった。理由は後で分かるはず。

手順7
ネジ取り外しはスパナを使用

写真のようにスパナでネジを外します。反時計回りです。

手順8
固定ステー取り外し完了

バッテリー固定ステーを取り外しできたら、邪魔にならないように避けておきましょう。

手順9
メモリーキーパー取り付け

メモリーキーパーに乾電池をセットして、OBDⅡコネクターに接続しましょう。「電池」と「バッテリー」のLEDが点灯します。

手順10
バッテリーのマイナス端子を外す

ココ、めっちゃ注意点ですが、バッテリーの端子は「マイナス」から外しましょう。

なぜなら、安全性を確保するためです。目で配線を見ると分かりますが、マイナス端子って車のボディに繋がってるでしょ。これを先に外しておけば、プラス端子がもしボディに触れてもショートしないってこと。

手順11
バッテリーのプラス端子を外す

次にプラス端子を外します。僕はプラスのケーブルが暴れないよう、養生テープで仮止めしました。

手順12
ガス抜き用のチューブ取り外し

バッテリーから発生するガスを車外へ排出するチュープを取り外します。先端のL型アダプタを引っこ抜くだけ。

手順13
メモリーキーパー確認

バッテリーが外れたので、メモリーキーパーの「メモリーキープ中」ランプが点灯。

手順14
バッテリーを交換し端子取り付け

新しいバッテリーに交換します。重いので気を付けて。

そして、ここも注意ポイントですが、先ほどとは逆で「プラス」端子から取り付けます。その後、「マイナス」端子を取り付けます。

手順15
ガス対策アダプタ

バッテリから発生するガス対策用のアダプターです。

手順16
左側アダプタ取り付け

左側は、アダプタを交換します。交換出来たら、穴に差し込めばOK。

手順17
右側アダプタ取り付け

右側のアダプタは栓ですね。こちらも差し込めばOK.

手順18
端子・アダプタ取付完了

「プラス」「マイナス」の端子、ガス抜き用アダプタも取り付けが完了しました。

手順19
ステーで固定・カバー取り付け

ステーでバッテリーを固定し、カバー本体を付ければ元通り。

 

手順20
メモリキーパーの状態

バッテリーが繋がったので「メモリーキープ中」から「バッテリー接続中」にランプが戻りました。

完了
作業完了

 

まとめ.バッテリー交換は意外と簡単だった♬【自分でやらなきゃ損!】

本当にお疲れさまでした~。

繰り返しにはなりますが、僕の愛車、ヴォクシーHV 80系に交換したバッテリーはジーエスユアサ製の『ENJ-375LN2』。

やってみたら想像以上に簡単でした♬

これだけで約2万円が節約できるって、自分でやらなきゃ損だよね。

にいに

じゃあ、ゲーム買って!
私は漫画を買ってよ!

ねえね

節約したお金をどう使うかは、よく考えましょう(笑)

もし、参考になったのなら幸いです。

じゃあ、またねー!