Amazonのタイムセールはこちら ≫

4Kモニター購入で意味ない選定をしないためのノウハウを解説!

 

動画配信サービス(VOD)やPS4・PS5等のゲーム機が4K対応をしてきたこともあり、ここ数年で4Kモニターが急速に普及すると言われています。

にいに

でも、4Kモニターって細かいだけで意味ないでしょ!

僕も1年前までは4Kモニターの必要性をまったく理解しておらず購入できませんでした。

そう言えば以前モニター選びで失敗してたね

ねえね

僕は以前、モニター選びで失敗した経験のおかげで、今はモニターにこだわるようになったのです。

 

この記事を書いている僕はエンジニアで、会社では仕事で1日中PCのモニターに向かい、自宅ではほとんどの時間をブログやYouTube・Amazonプライムビデオ等の映画・動画を楽しむベビーユーザー。そしてモニターはPS4等のゲーム機とも兼用で使用しており、モニターの性能を使い倒すことが大好きなオッサンなのです。

 

そんな僕が、4Kモニター選びに失敗しないためのノウハウを解説したいと思います。

これであなたにとって4Kモニターが「いる?」「いらない?」がハッキリするはず。

もし4Kモニター選びで迷ってる方の参考になれば幸いです。

4Kモニターとは?【結論】基本、大きいモニターでないと意味ない!

「4Kモニターの定義」は「4Kの意味」を理解すればOKです。

まずは、一番復旧している「FHD(フルHD)」と「4K」の解像度を比較します。

解像度比較

FHD(フルHD) 1920 × 1080
4K 3840 × 2160

にいに

これってどういう事?

モニターのディスプレイは点がギッシリ並んでいて、1つの点を1ドットと言います。

ドットのイメージ

FHDは横に1980ドット、縦に1080ドット並んでいるモニタです。よって4Kは縦も横もFHDの2倍ドットが並んでいることになるのです。

4KとFHDの大きさ比較

要するに4KはFHDを4枚並べたものと同じドット数です。

じゃあ、ドット数が多くて解像度が高い4Kで決まりだね♬

ねえね

ちょっと待って!

4Kモニターを選ぶ際は注意が必要です!

それは、同じモニターサイズでFHDから4Kに変更すると、4Kは文字が小さくなるからです。これが4Kモニターのデメリット!

にいに

どう言うこと?もうちょっと分かりやすく教えて

いま、PCでこのブログの文字を読んでいただいていると思いますが、4Kにすると文字の大きさが4分の1になってしまうのです。

24インチのモニターなら、本当に文字が小さくて読みにくく目が疲れるでしょう。

たしかに目が疲れるのはイヤだわ

ねえね

よって4Kの場合、大きいモニターでないと意味がない可能性が高いです。

そこで、4Kモニターの購入は「用途に合ったサイズ選び」が重要になってきます。

ポイント

実際、WindowsやMacは、表示を簡単に拡大・縮小できるので、文字の大小はあまり気にする必要はありません。本章では4Kモニターの解像度の理解を深めていただくことが一番の目的です。

4Kモニターは自分の用途で「いる」「いらない」を決めよう!

4Kモニターを購入すべきかは「用途(利用目的)」が大事です。

にいに

じゃあ、4Kモニターってどんな人が選んでいいの?

以下の用途に一つでも当てはまれば4Kモニターを検討してもよいでしょう。

メリットのある用途

  • 高解像度のカメラで写真撮影を趣味にしている
  • 動画配信サービスで映画鑑賞を趣味にしている
  • PS4やPS5等のゲームを趣味にしている

理由は簡単で、どれも4Kの高画質映像を楽しめるから。

逆に、4Kモニターを選んではいけない人を教えて?

ねえね

以下の用途の方は宝の持ち腐れになる可能性があります。

デメリットな用途

  • PCでネットサーフィンのみ(Web検索で調べ物)
  • PCで文章を書くのみ(例えばブログやメール)
  • WordやExcelなどの資料作成

理由は単純で、まったく4K高画質の恩恵を受けないから。

 

要するに4Kの高画質を楽しむことをやらなければ、高額な4Kモニターに無駄な出費をすることになるので注意が必要です。

ポイント

上記のデメリットな用途ですが、モニターに「インターネットブラウザー画面」と「Word画面」と「YouTube画面」など複数の画面を並べて表示したい時は、逆にメリットです。だから、4Kモニターは使い方次第で「メリット」にも「デメリット」にもなりますね。

サイズの選び方はモニターまでの距離が重要!

では、4Kの高画質を楽しむには、どのサイズのモニターを選べばよいでしょうか。

答えはとてもシンプルです。

使用するときの、「目」から「モニター」までの距離が重要です。

僕は今27インチをメインでPCにて使用していますが、視野的にも視力的にも70~90cmの距離がベストです。

モニターの全体が見えて、且つ、ドットが目で確認できる距離です。

だから美しい画像が美しく見えるってわけ。

にいに

でもこれって人によって違うような・・・

もちろん人によって多少の違いはありますが、70~90mの距離で43インチは近すぎて視野に画面全体が入らないのは想像できますよね。

だから、使用するときの距離が重要なのね!

ねえね

よって総合すると、4Kモニターのサイズの選び方は以下となります。

  • 【24インチ】PCで文字の読み書きをほぼしないなら選択の余地あり。ドットが一番小さく超高画質だから写真鑑賞はGood。
  • 【27インチ】PC作業とゲーム・映画鑑賞を両立したい人におすすめ。ただし、PC作業時は文字拡大操作必須です。
  • 【32インチ】ゲームや映画鑑賞を高画質・大画面で楽しみたい人にオススメ。座る位置を移動して快適な距離を取ることが大事。

自分にとってどのサイズがベストか見えてきたのではないでしょうか。

ポイント

結局、どのモニターを選んでも、設置場所とモニターまでの距離を確認しましょう。僕は幅110cm・奥行60cmのテーブルに27インチモニターを2つ並べ、手前にキーボード・マウスを置いてPC作業をしており、丁度いい感じで快適です♬

 

【2020年】最新4Kモニターおすすめ機種9選

用途別に4Kモニターのおすすめ機種を紹介します。

事前勉強【HDRについて】

4Kモニターは高画質が売りなので、そのメリットを最大限にするため「HDR」と言う機能を搭載している機種が多く存在します。

HDRとは(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略で、いままでより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術こと。美しいものがより美しく深みのある表現ができるようになり、臨場感のある映像が楽しめます。

 

写真鑑賞におすすめ機種1選

高画質一眼レフなどで撮った写真鑑賞なら24インチの4Kモニターはありかと。

もちろん、PC作業では解像度を切り替えて使うよって人には、24インチでも全く問題ない。

ようするに、机のスペースが無い場合は24インチしか選べない人もいると思うけど、PCの解像度出力設定を切り替えて使えば、どんな用途にも問題なし。

 

【24インチ】LG モニター ディスプレイ 24UD58-B

正確には23.8インチのLG製4Kモニターです。しかもLGは液晶パネルのトップメーカーなので、製品に妥協はないでしょう。ただし、24インチは4Kとしてはあまり大きなサイズではないので、用途をよく考えて購入されることをオススメします。

 

ゲーム(PS4・PS5・PC)用おすすめ機種3選

ゲームは応答速度の速いモニターを選択しましょう。

理由は簡単で、応答速度が遅いモニターで動きの速いゲームをすると、なめらかに表示できなくなるから。

にいに

ゴースト現象と言って残像が残るイメージだよ

具体的には、応答速度1ms以下、もしくは、リフレッシュレート120Hz以上がよい。

また、HDR対応であれば輝度が幅広くなり、よりリアルな映像が楽しめる。

 

【27インチ】BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U

正確には27.9インチのBenQのゲーミングモニターです。応答速度1ms、HDR、しかも4Kのモニターがこの価格ならコストパフォーマンス良すぎです。とくに、PCやゲームって目が疲れますよね。その疲れを最大限に低減してくれるアイケア機能は、集中力を持続させてくれます。すごい!

 

【28インチ】Acerゲーミングモニター SigmaLine KG281KAbmiipx

こちらはパソコンも販売しているAcerのゲーミングモニター28インチです。4K、HDR、応答速度1ms、フリッカーレス・ブルーライト低減など、十分な機能が備わってます。こちらも4万円以下の低価格でコストパフォーマンスが最高レベルの一品ですね。

 

【35インチ曲面】ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG35VQ

32インチクラスの「4K」且つ「応答速度1ms以下」又は「リフレッシュレート120Hz以上」のゲーミングモニターは、ほぼ存在しません。ただし、このクラスなら、解像度(3440×1440)は4Kより下がりますがリフレッシュレートが100Hzと高い、このASUS ゲーミングモニターは高評価で人気。

 

ポイント

ゲーミングモニターが欲しい人は、Amazonに「ゲーミングモニターの選び方のポイント」説明がありますので、参考にしてみてください。

Amazonでゲーミングモニターの選び方を学ぶ

映画鑑賞(VOD)におすすめ機種5選

ゲーム同様、動画配信サービスもHDRに対応した作品が続々と出てきています。

ハッキリ言ってリアルな高画質映像にこだわるならHDR機能は必須と言える。

HDRまではいらないって人もいるでしょ

ねえね

もちろん4Kになるだけで十分高画質になるので、よりコストパフォーマンスが高い機種を選ぶのもあり。

 

【27インチ】LG モニター ディスプレイ 27UL650-W

LG製の27インチの4Kモニターです。HDRにも対応し、目への負担を軽減する「フリッカーセーフ」や「ブルーライト低減モード」も搭載。しかも、USB Type-Cにも対応したモデル。すこし高額ですが、パネルメーカーの理想を形にしたモニターと言ってもいいでしょう。

 

【27インチ】HP モニター 27インチ 4K ディスプレイ

シャープなデザインが印象的なHPの27インチ4Kモニター。超薄型のパネルなので見た目がスッキリとカッコよく、インテリアとしてもいい感じでしょう。しっかりと必要な性能を備えてもこの低価格はビックリの一言です。

 

【32インチ】BenQ モニター ディスプレイ EW3270U

正確には31.5インチのBenQ製4Kモニターです。HDRを始め、アイケア機能、USB Type-Cなど、欲しいモノが全て入ってるって感じ。AMD FreeSyncテクノロジーにも対応しているため、ゲームにもある程度向いているモデルとなります。

 

【32インチ】Dell 4Kモニター U3219Q

モニターに定評のあるDell製の4Kモニター。正確には31.5インチ。そして品質に自信があるため、多くのメーカーが保証しない「ドット抜けが1つでも見つかった」場合でも無料で交換してくれる保証が付いています。多少金額は高めですが、ブランド志向の方におすすめの一品です。

 

【43インチ】LG モニター ディスプレイ 43UN700-B

正確には42.5インチのLG製4Kモニターです。どの角度から見ても美しいIPSパネルで、HDR、ブルーライト低減、フリッカーセーフなど、機能は十分。リビング置いてU-NEXTなどの動画配信サービスを家族で楽しめます。

 

まとめ.4Kモニターの最高画質でゲームや映画を楽しもう

4Kモニターについて解説、及び、おすすめモデルを紹介しました。

ぜひ、高解像度の4Kモニターで、ゲームや映画の新たな世界を体験してください。

 

また、サイズ別に詳細記事もありますので、よろしければご覧ください。

 

「モニターの選び方」が少しでも伝わったのなら幸いです。

では、あなたにとってベストなモニターが見つかることを祈ってます。

またねー(*^^)v