アレクサ(アマゾンエコー)を車載してみた。『Echo Input』がベストチョイス!

突然ですが、『アレクサ(Alexa)』使ってますか?

Amazonが大ヒットさせている音声サービスのことです。アマゾンエコー端末(スマートスピーカー)に話しかけるとAIアシスタントが相手をしてくれます。

端末の種類もたくさん増えました。

・Echo

・Echo Plus

・Echo Dot

・Echo Show

・Echo Studio

・Echo Flex

・Echo Input

一般的な使い方は以下ですよね。

・自宅でアレクサに質問(例.今日の天気を教えて)

・自宅でアレクサに指示(例.電気消してetc)

でも今回、車載したらもっと便利かもと思いやってみました!

想像以上に良かったのでレビューします。

僕が車載用のアレクサ端末に『Echo Input』を選んだ理由

 

車載用として選んだ端末条件は以下。

選定条件

  • コンパクト
  • 車のスピーカーから音を出せる

これだけ。

アレクサとしゃべれる等の基本性能は当たり前なので割愛しています。

ラインナップの中、外部のスピーカーのみを利用する(要するに本体にスピーカーを搭載していない)アレクサ端末がありました。

それは『Echo Input』です。

スピーカーが内蔵されていないので、メッチャ軽量コンパクト。

直径80mm、厚さ14mm、重量はなんと78g。

現在販売中のアマゾンエコーの中で、唯一車載用にピッタリですね。

迷う必要もなく、僕はこの『Echo Input』を購入。

 

Point

  • スマートスピーカーがどんなものか分かってる方ならもうお気づきでしょう。普通はスピーカー内蔵の商品がスマートスピーカーですが、僕はこの『Echo Input』を使って、車自体をスマートスピーカーにしちゃおうと言う壮大な計画なのだ!!

アマゾンエコーはインターネット環境が必要

「アレクサ、音楽流して」 的なテレビCM見たことありますよね。あれ、実際はアレクサ端末(アマゾンエコー)がインターネットに接続され、オンラインミュージックを流しています。

「今日のニュース流して」も同じ。インターネットに接続して、ホットなニュースを読み上げてくれます。

要するにインターネットのWifi環境が必要なのです。

車内にWifi環境を作る簡単な方法は以下の2つあります。

・スマホのテザリング機能を使用

・Wifiモバイルルーターを使用

スマホのテザリング機能を使用

すべてのスマホで出来る訳ではないですが、スマホにはテザリングと言う機能があります。

テザリングはスマホをWifiに出来る機能とイメージしてください。

スマホのテザリングをONするにはスマホの機種によってやり方が違います。iPhoneなら以下。

iPhoneなら「設定」➡「インターネット共有」➡「他の人の接続を許可」でテザリングをONできます。

デメリットは、運が悪いとテザリングできないスマホの場合があること。毎回車に乗るたびにテザリングONの操作が面倒くさいこと。

Wifiモバイルルーターを使用

テザリング操作なしで自動的にネットへ繋げたい場合は以下の「Wifiモバイルルーター」がおすすめです。使い方としては、バッグに入れて持ち歩くだけ。もちろん、アマゾンエコー以外にも使えるので用途が広がります。

安心のNEC製で、ひとつ前のモデルで人気機種となりました。その、後継機種ですが、「バッテリーの持ちが良い」「71gと軽量コンパクト」と評価もGOODです。

おしゃれな保護フィルム付きケースも販売されており、こちらも人気です。

SIMロックフリーなので、SIMフリーのスマホと同じように格安SIMを検討するのがよいでしょう。

以下の記事で格安SIM会社も紹介していますので、よかったら読んで見て下さい。

SIMフリーiPhoneを格安で購入するおすすめの方法。中古は要注意!

車のスピーカーへの接続方法は2つ

『Echo Input』を車のスピーカーへ接続する方法は以下の2つのみです。

【方法1】カーナビやカーオーディオの音声入力端子へ接続

【方法2】カーナビやカーオーディオとBluetooth接続

【方法1】は、ちょっとハードル高いかも。

最近のカーナビは音声入力端子がフロントパネルにないタイプが多いように思います。ほとんど、リアにある為そこから配線を引いてくる必要があります。これは車に詳しい人にお願いするか、お金が掛かりますがディーラーやカー用品店にお願いするのが無難でしょう。どうしても自分でやってみたい方は「車種名 ナビ取り付け」でググってみると、バラシ方が出てくる可能性があります。

【方法2】がおすすめ。

最近のカーナビなら、結構搭載している機能かと思います。通常、スマホをBluetooth接続をすることで、スマホの中の音楽を流したり、ハンズフリー通話ができるようになります。このスマホの代わりにアレクサ端末をカーナビへBluetooth接続するのです。

簡単な図ですが以下に接続のしくみを書いてみました。

とにかく便利なのは「ニュース再生」と「音楽再生」

アレクサに流してほしいニュース番組をお願いするだけ。

おにい

アレクサ、NHKニュース流して
アレクサ、Yahooニュース流して

おねえ

音楽もアレクサに流してほしいアーティスト名や曲名をお願いするだけ。

おにい

アレクサ、あいみょんの曲流して
アレクサ、邦楽のヒットチャート流して

おねえ

おにい

アレクサ、ジャズ流して
アレクサ、ジャズ流して

おねえ

もちろん、以下の操作も出来ます

おにい

アレクサ、ボリューム小さくして
アレクサ、次の曲にして

おねえ

おにい

アレクサ、ボリューム最大にして
アレクサ、音楽止めて

おねえ

本当に手を使った操作がいらなくなりました。だから、運転における視線を外すこともなくなり安全。タイヤのロードノイズ等で反応悪いかもと心配していたが全く問題なし。想像を遥かに超えて、アレクサはとても優秀でした。Amazon恐るべしです。本当に便利で、このやり方がスタンダードになる未来はすぐそこだなぁと実感しました。

でも、この音楽再生機能は対応したオンラインミュージックに加入していないといけません。

Amazonプライム会員ならPrime Musicで200万曲が効き放題。他にもprime videoやprime readingなど観放題・読み放題のサービスも付いているのでお得感が高いです。

しかも月額500円と格安ですが、まずは30日間の無料体験ができるから嬉しい。いつでもキャンセルできるので気楽に楽しめます。

・Amazonプライム(無料体験あり)の内容をチェック

さらにAmazon Music Unlimitedに加入すると曲数はなんと6500万曲。

こちらも30日間の無料お試しができます。この曲数で月額980円・プライム会員なら月額780円と信じられない価格です。

・Amazon Music Unlimited(無料お試しあり)の内容をチェック

家族でもアレクサは遊び相手になってくれる

今回、田舎へ帰省のために遠出をしましたが、妻と子供はアレクサ相手に以下の遊びをしていました。

おにい

アレクサ、しりとりやろう!
アレクサ、なぞなぞ出して!

おねえ

なかなか普段することの無い「しりとり」は、結構盛り上がりました。妻と子供が代わるがわる答えても問題なく進行してくれます。アレクサは絶対に返してくるのでムキになるぐらい燃えます。

なぞなぞは、割とむずかしい問題ばかりでした。我が家は正解率20%ぐらいかな。でも、なぞなぞ好きならハマるでしょう。

いい暇つぶしになり、車内の雰囲気があったかくなりました。

「スマホのながら運転」低減にも役立つはず

もうだいぶ浸透してきたと思いますが、交通事故の原因に「運転中のスマホ・携帯 操作」が多いため、昨年(令和元年12月1日より)、罰則が強化されました。反則金は普通車で3倍の1万8千円にアップ。事故を減らすための苦肉の策でしょう。

知ってますか?車はたった時速30kmでも、2秒間に16mも走っています。時速50kmなら27mです。ゾっとしませんか。ホントよそ見なんてできません。

このような背景の中、アレクサは交通事故低減にも効果がありそうな予感です。

実際、使用して2ヶ月経過した感想ですが、よそ見する必要が無いため、運転に集中できてます。

スマートスピーカーの未来は明るい!

今回は音楽操作が中心でしたが、もっといろんなことが当たり前のように音声でできる 未来になると思わせてくれました。AI技術が急速に進んでいるので、もっともっと賢くなるでしょう。

実は海外ではもう始まっていて、あのトヨタが2018年からアレクサを搭載した車両を検討しており、ついに2020年にはプリウスにも搭載するニュースが出ています。

・exciteニュース(プリウスにアレクサ対応)

数年前なら想像すら出来なかった未来をもっと見てみたい!体験したい!最近そんな風に思うようになりました。

頑張って長生きしなきゃね。ではまた。

ほかにも便利な情報がありますのでよろしければどうぞ!