Amazonのタイムセールはこちら ≫

ギターを挫折する理由は3つだけ!対策方法を紹介!【初心者向け】

 

もしかして、趣味で始めたギターを辞めようと思っていませんか?
いやいや、ギターをやってみたいけど弾けるようになるか心配ですか?

 

今回、こんな悩みにお答えしたいと思います。

 

本記事で分かること

  • ギターを挫折する人の割合が分かる
  • ギターを挫折する理由が分かる
  • ギターを挫折しない方法が分かる

 

好きな歌手やバンドに憧れて、いやいや、今はアニメ「けんおん」に憧れてギターを趣味に始める方が多くいます。もしかしたら、若いころにギターにチャレンジして挫折したけどいい歳になってもう一度チャレンジする方もいるでしょう。

 

とは言え、多くの方が次のような状況に!

ギターをいざやってみると全然弾けない・・・

分かります。僕もずっと弾けませんでした。

 

この記事を書いている僕はギターを初めて手に入れてから30年が経過しました。はじめの15年は挫折の連続で全然上達せず、ギターはインテリア状態。
そんなセンスのない僕だからこそ弾けない初心者の気持ちがよ~く分かります😅

 

そんな僕が挫折する理由と対策を経験をもとに考えてみたいと思います。

 

ギターを始めた初心者が挫折する理由は3つだけ!【挫折率は9割】

ギターを始めた初心者がどのくらいの割合で辞めるか知ってますか?
なんと9割挫折すると言われています。

 

挫折しそうな方が言いガチなことは…

  • Fコードの音が鳴らない
  • 指が固くて届かない
  • 指先が痛くてシンドイ
  • 弾きながら歌う余裕ない

などなど、細かいことを言い出したらキリがありません。

 

正直、挫折する理由って、大きく分けてこの3つかなって思います。

  • 【理由1】ギターはそもそも難しい楽器だから
  • 【理由2】好きな曲から練習するから
  • 【理由3】理想とは違い現実は厳しいから

 

では、深掘りして説明します。

【理由1】ギターはそもそも難しい楽器だから

よく考えてみてください。

ピアノは「ド」の鍵盤を押せば「ド」の音がなります。

 

ギターはどうですか?

左手で5弦目の3フレットを押して、右手で5弦目を弾くと「ド」の音がでます。
言いたいことは左手と右手は全然違う動きをして音を鳴らしています。しかも、左手と右手のタイミングが合わなければ音はなりません。

 

そう、ギターは手の動きがけっこう複雑!
だからギターって、そもそも難しい楽器なんです。

にいに

でもさー、テレビの人は簡単に弾いてるぜ!

どんな、歌手やバンドの人も初めからスラスラ弾けた人はいません。

じゃあ、どうすれば弾けるようになるの?

ねえね

もちろん、ギターが弾けるようになるには練習あるのみです。

 

とは言え、僕は練習しても長いこと弾けるようになりませんでした。
でも、あることがキッカケで弾けるようになったのです。

【理由2】好きな曲から練習するから

なんの曲を練習していますか?
もしかして「あいみょん」の好きな曲ですか?

初心者の多くがいきなり好きな曲から練習しています。
だから挫折する人が多いのです。

えっ、どう言うこと?好きな曲弾きたくてギター始めたのに

ねえね

大半の方の好きな曲は、初心者にとってかなり難しい曲です。

にいに

でもさ~初心者には難しいかどうか判断できないだろ!

そう、判断できないから難しい曲から練習して「楽しくない」状況になるのです。

 

過去の僕も同じで好きな曲にチャレンジしては挫折を繰り返してきました。そして曲の中でも簡単な部分のみを弾いている始末。
だから15年もの間、1曲すべてを弾ける曲など一度も存在しなかったです。

ぜひ、初心者の方には過去の僕と同じようになってほしくないと心から願っております。

【理由3】理想とは違い現実は厳しいから

ギター始める前って、想像では華麗に弾きながら歌っている未来が見えませんでしたか?

にいに

そうだよ!俺もミスチル歌ってた~

そして実際始めてみてどうですか?

おそらく、Fコードはしっかり鳴らないわ、手が小さくて届かないわ、コードチェンジが上手くできないわ。

そうそう、指が思うように動かないのよ

ねえね

正直、弾きながら歌う余裕なんか無いでしょ。

そう、ギターは理想と現実が大きく違うことを知り、とても頑張る気力を失ってしまいます。

 

最後の極めつけが、同じように始めた友人が弾けるようになって自分は弾けない・・・やってられるかーって言う心境になってしまいます。
ギターって早い段階から挫折しやすい楽器の代表なのです。
ちなみにギターってエレキギターやアコギ、クラシックギターなど種類がありますが、どれも難しいです。

 

だからこそ挫折しそうな初心者へ伝えたい。

  • ギターは難しいのはあたりまえ
  • 上手くならない人は練習方法を変えるべき

 

では、どうしたら挫折せずに続けられるか考えてみたいと思います。

 

ギターを始めた初心者が挫折しない方法とは

僕は15年もの間、教則本や雑誌を購入し練習しては弾けずに挫折を繰り返してきました。

にいに

よくそんなんで辞めなかったなー

ちょっと変人級ですが、なぜかギターが弾けるようになりたい気持ちだけは消えませんでした。
そんなある日、ギターをプロから教わることに。
そうです、ギター教室に通ったのです。
完全にセンスがないとあきらめていた僕でしたが、レッスン初日でギターがめっちゃ楽しい存在に変わり練習に力が入るように!
ギター教室でのレッスンは考えもつかなかったカリキュラムで着実に上達していき自分でもビックリ。

そんなにすごいレッスンなの?

ねえね

すごいと言うよりシンプルと言った方が正しいでしょう。

僕の場合初日は、1本のみの弦を使う曲で、誰でも弾けそうな曲のレッスンでした。

もちろん弾けましたが、そこに先生の伴奏が入るとまるで自分が超上手くなったような感覚に。まるで魔法のよう。

 

この弾けるという体験の積み重ねが上達には必要でした。

 

もう少し初日の内容をネタバレすると

  • ギターの構え(フォーム)の指導
  • メトロノームを使用してリズムを取る
  • 1本のみの弦で曲を弾く体験

僕の左手の構えは結構不自然だったらしく、フォームを直してから随分楽になりました。自己流の方にありがちみたい・・・

こんな風にギター教室ではレッスンを受け、確実に一歩一歩上達するようにしてくれます。もちろんレッスンでいただいた日々の練習が一番大事ですが。

にいに

なんだか楽しそうだね

そんなわけで僕は経験から、趣味でギターを独学で始めたけどもうギターを辞めよう考えている方には、一度ギター教室でレッスン受けてみてって言いたい。
1年だけでも受ければギターの基礎はマスターできるので、そこから独学でもありかなって思う。

基礎が大事ってわけね

ねえね

せっかく始めた趣味のギター。
弾けるようになって「楽しい」趣味になっていただきたい。
そんな思いでいっぱいです!
では、楽しいギターライフをぜひ!またねー♬