話題の楽天モバイル「UN-LIMIT」1年間無料キャンペーンはこちらで詳しく解説♬

iPad/iPhoneバッテリーの診断・確認はできる?劣化状態を改善するには

 

おにい

最近、iPadのバッテリーの持ちが悪くなったような・・・
iPhoneでゲームを楽しめる時間が短くなってしまった・・・

おねえ

そうです。iPhoneやiPadのバッテリーは劣化します。

使用すればするほど購入時より確実に充電できる量が少なくなっていき、バッテリー持ちが悪くなります。

ただ、どの程度まで劣化したら、買い替えなどを検討したらよいのでしょうか。

まずは、バッテリーのいま現在の状況を知りたいですよね。

今回はそんな疑問にお答えします。

iPhoneなら標準機能でバッテリー状態を診断できる!

いきなり結論から言うと、iPhoneなら標準機能で「バッテリーの状態」を確認できます。

やり方はとても簡単です。

以下の順序で、タッチして確認できます。

「設定」➡「バッテリー」➡「バッテリーの状態」

 設定

⇩⇩⇩

⇩⇩⇩

⇩⇩⇩

表示された画面に「最大容量」があると思います。

この○○%が、バッテリーの劣化状態を意味します。

新品の時が100%です。

そして、最大容量が90%の時は、「新品の時より最大で90%の電気量しか充電できないバッテリーになったよ」と言うこと。

だから、10%劣化した訳です。

iPadにはなぜかバッテリーの状態を診断する機能がない

そして、残念なお知らせです。

iPadですが「バッテリーの状態」の項目がありません。

調査しまくったが、やっぱりiPadにバッテリーの劣化を調べる機能がありませんでした。

おにい

なぜ!?iPhoneと似たようなモノなのに・・・
バッテリーが大きいから気にすんなってことかしら・・・

おねえ

知らない人は損をするぞ情報
ソフトバンクならYahoo携帯ショップがお得に買えて絶対おすすめ!!
必ずチェックしましょう♬新型iPhoneSEも取り扱い始めましたー!

 


劣化状態はどうやって判断するの?

目安ですが、バッテリーのいい状態と悪い状態の境目が80%です。

その根拠ですが、AppleCare+に加入していた場合、80%以上は有償ですが、80%未満で無償交換してもらえます。

要するにAppleが80%未満は劣化した状態と認めている訳です。

AppleCare+とは

  • AppleCare+は、標準の保証を1年延長し、且つ、万一製品が故障した際に安く直せる保険です。
  • 例えばiPhone7は加入料金が14800円ですが、ガラス交換は16400円のところ3400円と格安になります。

 

毎日スマホライフを楽しんでいる僕が、iPhone7を1年使用したら90%でした。

そして2年なる直前で80%をギリギリ切ったので、急いで無償交換してもらった経験があります。

だから「バッテリーの状態」確認は、たまにやることをオススメです。

おにい

当たり前だけど、交換で預けている期間、スマホが使えないよ!
10日~14日ほどで戻ってきたよ。

おねえ

劣化状態を改善する方法はあるの?

バッテリーの状態を100%に戻す方法はありません。

いや、バッテリーを交換すれば100%に戻ります。

とは言え、使用できなくなる期間が出来るなど、なかなかバッテリー交換もハードルが高いと思いますので、劣化の進行を少しでもゆっくりにする方法を紹介します。

 

・最新のソフトウェアにアップデートする。

Appleのソフトウェアアップデートには先進的な節電技術が含まれていることが多い

・極端な周囲温度を避ける。

最適な範囲は16°C~22°Cです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要

・充電中は特定の種類のケースを取り外す。

ケースに入れたままデバイスを充電すると、過度の熱が発生し、バッテリー容量に影響を及ぼす可能性があります

・長期保管する時は、50%充電してから。

完全に充電した状態で長期間保管すると、バッテリーの容量の一部が失われ、駆動時間の短縮につながる場合があります

引用元:Apple公式サイト

上記はすべてAppleが言っていることなので、間違いないです。

 

そして、バッテリーを長持ちさせる方法もあります。

・設定を最適化する。

画面の明るさを調整することと、Wi-Fiを使うこと

・低電力モードを有効にする。

低電力モードを使うと、iPhoneのバッテリー残量が少なくなってきた時に、簡単にバッテリー駆動時間を長くすることができます

引用元:Apple公式サイト

これも、Appleが言っている確かな情報です。

 

まとめ.バッテリーは消耗品です

現在、スマホに使われているバッテリーのほどんどがリチウムイオン電池です。

リチウムイオン電池に限らず、消耗しないバッテリーはないと言われています。

リチウムイオン電池は、700回の充放電で60%まで劣化したと富士通が事例を公表しています。

毎日スマホを使えば、2年で700回ってところでしょうか。

やはり、2年でバッテリーの交換や、スマホ・タブレットの買い替えを検討するのが良さそうですね。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。じゃあ、またね。

ソフトバンクなら知らなきゃ損だよ情報!

ソフトバンクの子会社ヤフーが運営する「Yahoo携帯ショップ」ならSoftBankスマホがお得に買えちゃう♬
Yahoo携帯ショップサイトでクーポンを取得してからソフトバンク店舗でクーポンを見せるだけ。もちろんYahoo携帯ショップサイトより機種を選んで申し込みでもクーポン適用だよ。

ニュース!

これが正真正銘のポストSE!?

あの話題の楽天モバイルから超軽量コンパクトスマホ「Rakuten Mini」登場!

先着300万名1年間無料キャンペーン実施中!業界に激震が走ってますー!早いモノ勝ちですよ~

楽天モバイルの実際の使い心地は「【生レビュー】楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を使ったみた!速度など評判を僕が口コミします!」で詳しく解説してます。

とりあえず楽天モバイル公式サイトをチェックしてみる