Amazonプライム特典

えっ3万円以下も!?とにかく安い4Kゲーミングモニターおすすめ5選【PS5向け】

 

こんにちは!

もしかして、ついにPS5を手に入れちゃいましたか?
しかし、リビングのテレビではせっかくのゲームを独り占めできない。

にいに

何かいい方法ないの?

そんな時はぜひゲーミングモニターを検討してほしい。
ゲーミングモニターとは普通のPCモニターと違い、ゲームに適した機能を有するモニターのこと。

でもゲーム機でお金使ったから予算ない人が多いはずでしょ!

ねえね

今回、そんな残り少ない予算でも何とか買えそうな、とにかく安い4Kゲーミングモニターを紹介したいと思います。

この記事を書いているエンジニアの僕は、会社でも自宅でもモニターと向き合うヘビーユーザーでPC歴は30年以上。ゲームも大好きで初代PSが出た時は人生が狂ったよ〜♫

そんな僕が今回、PS5に適したできるだけ安い4Kゲーミングモニターを選定します。4Kのみに限定したのは理由があって、APEXのようなFPS目的でリフレッシュレート144Hz・FHDがやたらと注目されていますが、PS5開発群は4Kの美しさをもっと体験してほしいはず。

にいに

ゲームには速さを競うゲームと高画質の美しさを楽しむゲームがあるわけかー

だから、僕も次世代スタンダード解像度となる4Kをぜひ体験してほしいので、4Kのみをピックアップしました。

今回は高画質重視の人向けって言うことね

ねえね

そして紹介するモニターは4Kにも関わらずほとんどが3万円台という安さ。セールの時は3万円以下になること。とはいえ、もちろん名のあるメーカーのみに限定します。
モニター導入の参考になれば幸いです。

速度重視か高画質重視か迷ってる方へ

安くなってきたとはいえ、モニターは決して安い買い物ではありません。だから迷う気持ちはよく分かります。

もし、速度重視か高画質重視かまだ迷っているのなら「【必見】PS5対応モニターの失敗しない選び方&おすすめ機種6選!」が参考になるかと思うのでよろしければどうぞ。

4Kゲーミングモニターの選定条件とは【ポイントは4つ】

4Kゲーミングモニターを選定するポイントとしてチェックすべき重要なスペックは以下4つとなります。

  • モニターサイズ
  • リフレッシュレート
  • 応答速度
  • HDR

では、それぞれ深掘りして分かりやすく説明します。

モニターサイズについて

まず、4KとFHDの解像度を比べてみてください。

4K 3840 × 2160
FHD 1920 × 1080

上記の通り、FHDより横も縦も2倍の数値が4Kです。

例えば、現在使っているFHDの24インチモニターが、解像度粗いなぁと感じている方はほとんどいないと思います。

にいに

たしかにあまり不満はないなぁ

その24インチが4Kになって喜びを感じられる可能性は極めて低い。

じゃあ、どのサイズならいいの?

ねえね

よって、もっと大画面である27インチ、もしくは32インチがベストと言える。

4Kゲームはもちろん4K映画も高画質な大画面で見た方が満足度も高いってわけです。

とは言え、気を付けることとして、PCと兼用で使うのなら断然27インチの方が使いやすい。それほどPCモニターとして32インチはデカイです。ゲームや映画専用でモニターまでの距離を調整しながら楽しむなら32インチは最高のモニターとなるでしょう。

リフレッシュレートについて

リフレッシュレートとは、モニターが1秒間に何枚の画像を表示できるかを表すスペックです。

モニターに映るゲームの映像って、連続でたくさんの画像を切り替えることで動いているように見える。

にいに

パラパラ漫画みたいだね
じゃあ、リフレッシュレート60Hzってどういう意味なの?

ねえね

リフレッシュレート60Hzは、1秒間に60枚の画像を切り替えて表示できる。

紙芝居を自分でめくった時、1秒間に2~3枚が限界でしょ。だから、60枚ってのトンデモナイ速さ。

そして60Hzで説明しているのには理由があって、解像度4Kではほとんどの機種が60Hz。4Kでもっと高速にするのは技術的に難しいのです。

応答速度について

応答速度はザックリ説明すると「色の変化に要する時間」のことです。

リフレッシュレートと同じ意味合いで理解している人も少なくないのでちゃんと理解しましょう。

応答速度の単位は「(ms)ミリセカンド」で、例えば「5ms」みたいに表現します。

にいに

応答速度が遅い場合のデメリットってあるの?

応答速度が遅いと残像が出やすくなります。

たしかにゲームやってて残像が残るのはイヤね

ねえね

一般的にゲーミングモニターは応答速度1ms以下のものが良いとされるが、あまりこだわりすぎても価格が上がるのでほどほどに。

HDRについて

多くの4Kモニターに搭載している機能に「HDR」があります。

HDRとは(ハイダイナミックレンジ)の略で、いままでより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術こと。

にいに

説明がむずかしいよ。もっと分かりやすく教えて!

つまり簡単に言うと、美しいものがより美しく深みのある表現ができるようになったわけ。臨場感が増したのである。

4Kだからこそ付けたい欲しい機能なんだね

ねえね

とはいえ、HDR機能が付くと価格はどうしても高くなる。4Kだけでも十分美しいので、どこまでこだわるかはあなた次第って感じですね。

もうちょこっと勉強(パネル種の話)

ここまで高画質にこだわるのなら、パネル種もこだわった方がよいかも。

色再現性としてはIPSパネルが一番優れていておすすめ。特に映画鑑賞目的なら尚更IPSパネルがよい。ただしIPSパネルはコストが高いことがデメリット。

逆にTNパネルはコストが安く、しかもリフレッシュレートが速いのでゲーミングモニター向き。デメリットは視野角が狭いので1人用と考えた方が良いです。

まとめますと、今回紹介する4Kモニターの選定条件は以下のようになります。

モニター選定条件

  • サイズは27インチ以上
  • リフレッシュレートは60Hz以上
  • 応答速度は5ms以下

では、モニターを選ぶ際に気を付けることを考えてみましょう。

モニター選定で気を付けるべき事とは

いま、eスポーツの盛り上がりによりゲーム業界が活気にあふれ、モニターなどゲーム関連のサプライヤーが多く参入してきています。気を付けたいのは粗悪品を買わないこと。

にいに

いったいどうすればいいの

安さに飛びついて聞いたこともないメーカーは避けるべき!あと、Amazonの評価も参考にするといい!でもサクラ評価も多いから気を付けて。レビューをよく読むと日本語がなんか変だったり、文面に違和感があったりする。

じゃあ、今回はどの基準で紹介してくれるの

ねえね

今回紹介するゲーミングモニターの基準はこちら

  • しっかりモニターを扱うメーカーとして一般的に認知されている
  • 評価も著しく悪くないこと(★星4もしくは★星5が点灯)

とにかくお伝えしたいのは、ゲーム目的ならゲーミングモニターを体験してほしい。もちろんPCを持っているなら共用で使えるから一石二鳥。ノートPCでも外部モニターとして拡張できるから作業性もアップ。しかもゲーム機ってYouTubeなどの動画サイトも見れるから大きい画面で映画が楽しめる。遊びつくすのにモニターは最高なアイテムなのだ。

【3万円台】とにかく安い4Kゲーミングモニターおすすめ5選!【PS5向け】

もうひとつゲーミングモニターとして大事なのが「目にやさしい」機能が装備されているか。具体的には「フリッカーフリー」「ブルーライト軽減」などの機能。ゲームは集中して長時間やってしまいがちなので、かなり重要であると僕は思う。

また、60Hzの場合、ゲーミングモニター言わない商品もありますので覚えておきましょう。でもね、4Kモニターが3万円台で選んで買えるようになったのってテクノロジーの発展はスゴイね♬

では、さっそくオススメのモニターを紹介します。

価格について

紹介したモニターの価格は記事を書いた際に調査した金額です。モニターの価格は常時変動していますので参考程度にご承知おきくださいませ。

【TN】Acerゲーミングモニター SigmaLine 28インチ 4K KG281KAbmiipx【HDR】

Acer ゲーミングモニターです。28インチの4Kでリフレッシュレートは60Hz。TN液晶パネル採用で応答速度が1msと完璧。目に優しいブルーライト低減機能も搭載していて嬉しい。

価格はなんと約3.8万円と言う安さ。さらにスタンドが丸型や四角型ではなく、星型タイプでカッコイイ!

デザインが好みって方にオススメです。

 

【IPS】LG ゲーミング モニター ディスプレイ 27UL500-W 27インチ 4K【HDR】

LGのゲーミングモニター27インチ(4K)です。LGと言えばサムスンと同じように液晶パネルメーカーでもあります。その液晶パネルメーカーがゲーミングに特化したモニターを開発したって言うだけで興味が湧いてくるよね。

IPSパネルなのに、価格がまさかの約3.8万円。応答速度は5msですが正直十分速い。HDRも付いて超高画質!

コスパもスペックも妥協しない派にオススメです。

 

【TN】ASUS ゲーミングモニター 28型FPS向き4K VP28UQG

ASUS製(28インチ)のゲーミングモニターです。解像度4K、リフレッシュレート60Hz、応答速度1msなのでPS5の4K用としては完璧ではないでしょうか。フリッカーやブルーライト軽減するEye Careテクノロジーで長時間プレイでも目が疲れにくく安心。

価格も約3.8万円でコスパよし!入門というよりゲーミングモニターとして本格的ですね。

ASUSはパソコンでも有名なメーカーだから安心感があります。

 

【TN】BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ EL2870U 27.9インチ

BenQの4Kゲーミングモニター27インチです。人間の目に優しいフリッカーフリー技術、ブルーライト軽減機能搭載で、ゲームは長時間になりがちなので嬉しい。

4Kでも応答速度は1msなのでラグやゴーストのない美しい映像の表示が可能だって!

4K・HDRで、ケタ違いの美しさを体験しませんか。

 

【IPS】Dell 4K ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721QS

やはり、DELLは外せないので紹介します。モニターに定評のあるDELL製の27インチモニターです。3年間無輝点交換保証が付いており、修理時には交換品を先にお届けとのこと。

60Hz、4msなので4Kゲーミングモニターとして性能は十分。IPSなのに価格は約3.7万円とコスパよし!3年保証は品質に自信がある証拠ですね。

3年間無輝点交換保証で安心が欲しい方にオススメです!

 

にいに

えっ!おわり?結局3万円以下のモニターはないの?
そうよ!知ってるなら紹介しなさいよ

ねえね

最後に、期間限定かもですが、よく3万円以下で販売されることのあるとっておきの4Kモニターを紹介します。それがこちら。

あのHPが販売する「HP V28 4K(8WH59AA-AAAA)」です。28インチ、リフレッシュレート60Hz、FreeSyncにも対応しており4Kゲーミングモニターとして十分な性能。評価も上々なのでチェックしてみましょう。

まとめ.4Kゲーミングモニターで次世代超高画質ゲームを堪能しよう!

お疲れさまでした。

今話題の安い4Kゲーミングモニターを紹介しました。

どれもスペックを細かくチェックすると、各メーカーがゲーマーの為にガチで開発したことが伝わってきます。ぜひ、自分の部屋にゲーム専用のディスプレイを用意するなら「ゲーミングモニター」を検討してみてください。

とはいえ、この先、ゲーミングPCやPS5などでFPSの方をガチプレイするつもりがあるなら、初めから144Hzのゲーミングモニターも視野に入れるべきと思います。だって、結局今回の出費が無駄になる可能性高いから。そのあたりはこちらの記事で詳しく解説してますのでよろしければどうぞ。

【コスパ最高】144Hzのおすすめゲーミングモニター5選!【選び方のポイントも解説】

どちらにしても、より一層ゲームに集中できること間違いなしですよ。
では、最高なゲームライフをぜひ!

またねー(*^^)v

 

お得なAmazon買いもの術♬

「amazonチャージ」って知ってる?あらかじめ自分のアカウントにAmazonギフト券としてチャージすると最大で2.5%のポイントがもらえる

買い物はそのギフト券の残高でお支払い。チャージするだけでポイントがもらえるってやらなきゃ損!知ってる人だけが得をするAmazon買いもの術でしたー♬

amazonチャージをCheck!!