Amazonのタイムセールはこちら ≫

ソロキャンプのおすすめ焚き火台はピコグリルだけ?5つの比較で本命が見えた♬

 

もしかして、キャンプでこんなこと考えていませんか?

  • ソロキャンプに専用の焚き火台が気になるけど贅沢だよな
  • でもソロ用はコンパクトにならないとツライよなぁ
  • いやいや、今までのファミリーキャンプ用が使えるからやっぱりガマンかな

にいに

おーい!キャンプは道具にこだわってこそ楽しさ倍増だぞ

 

今回、ソロキャンプ用の焚き火台の魅力をお伝えします。

 

このブログを書いている僕はキャンプ歴6年。

キャンプ道具の物色・調査・研究作業は、もはや日課と言ってもいいレベル。

ソロキャンプの最大のハードルは計画が子供達にバレないこと・・・

あまいなぁ♬いつもバレバレだよ

ねえね

 

この記事で分かること

  • ソロキャンプに適した焚き火台条件が分かる
  • ソロキャンプにぴったりのおすすめ焚き火台が分かる
  • その焚き火台に合う道具の情報も分かる

 

ファミリーキャンプも3年程すると、ソロキャンプにも興味が出てくるのは自然の流れ。

にいに

最近では男女問わず、いきなりソロキャンプする人も多いよ

そこで、間違いなくソロキャンプにおすすめの焚き火台を紹介します

はじめは「ピコグリル」一択でしたが、状況が変わってきました。

今回はキャンプ初心者に向けた記事なのでベテランの方は温かい目で読んでね♬

ねえね

それでは早速、行ってみよう!

 

ソロキャンプ用の焚き火台って本当に必要なの?

にいに

あのさー、2つも焚き火台持ってるけど必要なのか!

まず、考えてしまいがちなのが、ファミリーキャンプ用で購入した焚き火台ではいけないのか問題。

たとえば、僕の持っている焚き火台で考えてみます。

 

1つは、ユニフレーム(UNIFLAME)のファイアグリル

軽く10年以上の歴史があり今もなお大人気の焚き火台で、ファミリーキャンプなら自信を持ってオススメできる一品です。

特筆すべきは、見た目では想像できない安定性。

地面が多少凸凹してても、しっかりと設置できて重量のあるダッチオーブンを乗せても平気。(別売りのヘビーロストルは必須)

しかし、問題は大きさです

足(フレーム)は折りたたんでコンパクトになりますがボディが大きいので、収納にも限界があります。

ソロキャンではひとりで沢山の道具を運ぶ必要があるため、焚き火台だけでこの容量はかなり無理があると判断しました。

 

もう一つは、ソロストーブ(solo stove)のキャンプファイヤー

二次燃焼で燃料の薪を極限まで燃やし切るこの性能には惚れ惚れします。

ソロストーブの魅力を知りたい方は、以前書いた記事「ネイチャーストーブラージではなくてソロストーブキャンプファイヤーを選んだ理由【結論:ロマンだよ♪】」をぜひご覧ください。

でも、問題は立体成型であること。

要するにボディを全く折りたたむことが出来ません。(ゴトクは裏返してボディの中にしまうことが可能)

これもソロキャンプでは、ザックの中にいれたら容量を取り過ぎて、他の道具が入らなるからNGと判断しました。

 

だから、ソロにはソロの理想のスタイルってのを追いかけたいわけです!

なるほど・・・ちょっと納得できるわね

ねえね

折りたたみ式は必須条件!どのモデルもコスパは最高レベルで安いと判断

では、ソロキャンプ用の焚き火台としての条件を整理します。

  • 折りたたみ式でコンパクトに収納可能
  • ソロでも十分焚き火が楽しめる大きさ
  • クッカー等が置けて調理できる仕様
  • 軽量(持ち運びが苦にならない重量)

条件は上記の通りで、焚き火台を5つまで厳選!

そして、どの焚き火台も安いとは言えないかもですが、価格と品質からコスパは最高レベルと判断しました。

 

焚き火台ノミネート一覧

  • ピコグリル 398
  • スノーピーク(snow peak) 焚火台S
  • UCO(ユーコ) フラットパックポータブル グリル
  • 笑’s・焚き火グリル A-4君
  • ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(たび)BM-263

 

では、ひとつずつ深掘りしていきますね。

おすすめ焚き火台はピコグリルだけじゃない!僕の本命はTABI♬

先にお伝えしますが、前述した全ての条件を完璧にクリアする焚き火台はほとんど無いです!

にいに

それぞれのデメリットも理解しつつ選定する必要があるよ

ピコグリル(Picogrill)398

芸人でプロキャンパーとしても有名なヒロシさんが愛用しているのが、この超軽量焚き火台「ピコグリル 398」です。

特筆すべきは、「収納時のコンパクト」と「超軽量」

部品は薄いステンレス製の鉄板と細いフレームのみで、重量はなんと約450g。

ヒロシさんも自身のYouTubeチャンネルでピコグリルの魅力を語っています。

間違いなくソロキャンプの為に開発された傑作品ですね。

でも唯一、気になる点としては頑丈さです。

ピコグリルのデメリット

  • フレームが細すぎて、ダッチオーブンのような超重い調理器具が安心して置けない

とは言え、ソロキャンプで、ダッチオーブンのような重い道具を持って行く人は少ないでしょう。

正直、気にする必要性なしですね。

 

スノーピーク(snow peak) 焚火台 S

キャンパーの絶大なるファンが多いスノーピークの「焚き火台 S」です。

タフなステンレス素材で作られ、折りたたみ式。

設営も、組み立てるのではなく、広げて置くだけなので簡単スピーディ

人気の理由が分かります。

一見、完璧ですが重量に問題を感じます。

スノーピーク焚き火台 Sのデメリット

  • 重量が1.8kg

どんな料理にでも対応できるようにした結果かも知れませんが、焚き火台だけで1.8kgはソロキャンプの荷物としてツライですね。

でも、やはり品質にこだわるスノーピーク。

オプションも充実しており、カスタマイズする楽しみがあります。

オプション一覧

 

UCO(ユーコ) フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット

近年話題の絶えないUCOの焚き火台「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」。

人気の秘密がAmazonの評価書き込みを見るだけでも分かります。

今まであまりない様な折りたたみの発想で且つ、安定性にも優れ丈夫です。

だたし、デメリットはこちらも重量ですね。

大きさが2種類あり、小モデルは832gと合格レベルですが、焚き火を十分楽しむには大モデルの方がオススメ

ユーコの焚き火台 大モデルのデメリット

  • 重量が1.73kg

やはり、ある程度の大きさと丈夫さを求めると重たくなってします傾向です。

とは言え、コンセプトとしてはかなり理想的ではないでしょうか。

 

笑’s・焚き火グリル A-4君

ソロキャンパに人気の笑’sが販売する「A-4君」。

じつは「B-6君」の方が人気ですが、焚き火を十分楽しむには「A-4君」の大きさが欲しいと判断。

個人的には人気アニメ「ゆるキャン△」に登場しさらに人気が出たような気がしています。

▶ゆるキャン△については、こちらの記事「今すぐキャンプがしたくなる!アウトドア系おすすめ漫画3選」で詳しく紹介しており、見たことない人は必見ですよ♬


私ならこの、ゆるキャン△コラボ「B-6君」が欲しい♬

ねえね

ロストルなどのオプションも充実しており、何と言っても組み立てるワクワク感がたまらない

残念なのがやはり重量。0.8mmの薄いステンレスですが、部品点数が多いのでなかなかの重量です。

笑’s A-4君 のデメリット

  • 重量が1.9kg

この1.9kgはオプションなしの重量なので注意が必要です。

とはいえ、薪ストーブのように横から燃料を入れれる窓があったり、遊び心をくすぐられます。

 

ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(たび)BM-263

今年2020年、ソロキャンプ用焚き火台として間違いなく話題No1の商品が発売されました。

それが、ベルモントの焚き火台 「TABI」です。

コンセプトは一見ピコグリルに似ていますが、構造はかなり異なります。

足は6本用意され、安定性と丈夫さを確保。

耐荷重が15kgあるので小さめのダッチオーブンなら置けますね。

鉄板とフレームのみなので、収納時は超コンパクト。

そしてこの鉄板がなんと、チタニウム製で軽量にコミットした素材。

重量はなんと429g。

キャンプユーチューバーの方も絶賛しています。

正直、デメリットが見つかりませんー♬

 

ソロ用焚き火台に合う道具もついでに紹介

上記で紹介したソロキャンプ用の焚き火台に合うピッタリの道具も紹介します。

 

まずは、調理用の鉄板。例えばこれ。

近年のキャンプで急激に鉄板が流行ってます。(個人的見解です)

鉄板で焼き肉などワイルドに焼く姿はサバイバル感満載。

そんな鉄板の魅力はこちらの記事「【おすすめ道具】ソロキャンプに鉄板ってどうよ?ってやめる人、損やわ~!ねっヒロシさん」でくわしく解説しましたので興味があればどうぞ。

 

そして、もうひとつがフライパン。例えばこちら。

キャンプを始めた頃は、フライパンってそんなにこだわってる人は少ない。(個人的見解です)

でも、フライパンを極めた料理は非常に美味い!

なぜなら、中華やフレンチはフライパンで調理されてるでしょ。

そんなフライパンの魅力もこちらの記事「【おすすめ道具】ソロキャンプにフライパンってどうよ?ってやめる人、損やわ~!ねっ西村さん」で熱く解説しましたので後で読んでみてね♬

 

まとめ.やっぱりソロキャンプ用焚き火台は必要だね♬

いかがでしたでしょうか。

やっぱり、ソロキャンプ用の焚き火台は絶対必要と確信しました。

にいに

どうしても欲しいのね

デメリットも理解しつつ、デザインや機能性など総合的にみて、気に入った焚き火台を選定することをオススメします。

人それぞれ好みがあるからね♬

ねえね

道具選びってホント楽しいね♪

お互い理想なキャンプを目指しましょう!ではまたねー

最後までお読みいただきありがとうございました。